TOP > ブログ

ブログ

歯ぎしり・噛みしめの恐怖!?

2020.08.16   カテゴリ:お口のこと

皆さんこんにちは!
MFデンタルクリニックの歯科医師の林 良憲です。

毎日天気が良く、暑い日が続いていますよね。

こういう時は冷たい物がより一層美味しく感じます。

 

みなさんは歯ぎしり・噛みしめについてどこまでご存知ですか?

名前自体は聞いたことがあるよという方が多いかもしれません。

 

 

そもそも歯ぎしり・噛みしめは元々誰もが持っています。

その力が強いか弱いかによって歯に対する負担が変わってくるのです。

力が強いと歯に150~200㎏の力がかかってしまう方も中にはいらっしゃいます。

相当な力がかかってますよね。

150~200㎏の力を例えるなら、『お相撲さん』をイメージして頂くと早いかもしれません。

 

 

しかもこれが毎日続いていると歯自体が耐えられなくなってしまう時があります。

力に耐えられなくなると、歯にヒビが入ってきます。

そのヒビが段々大きくなり、ある日突然歯が割れてしまうこともあるのです。

歯が割れてしまう大きさによっては、歯が残せなくなる場合もあります。

今までの歯を抜く原因としては

・虫歯

・歯周病

が多かったです。

最近では虫歯や歯周病に対しては、皆さんの意識も高まり、それが原因で歯を抜くことが少なくなってきています。

そこで原因として増えてきているのが歯ぎしり・噛みしめなのです。

ただ歯ぎしり・噛みしめが原因で、歯を抜くこともあるということをご存知の方はまだまだ少ないと思います。

そして歯ぎしり・噛みしめは睡眠時に一番起こっています。

 

 

歯ぎしり・噛みしめでお悩みの方は是非相談してください。

260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリック
043-247-1021

 

 

 

歌うことは健康につながる!

2020.08.9   カテゴリ:体のこと

こんにちは。

千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニックの的場です。

 

梅雨が明け、本格的な夏がやってきましたね。

一歩外に出るだけでどっと汗が出てきます。

新型コロナウイルスも収束していく気配はなく、私はますます家にこもることが多くなりそうです。

 

家でひきこもって何をしているかというと…

弾き語りが好きなので、よくギター片手に歌ったりしています。

カラオケもよくいくのですがここ最近はなかなか行けないのが辛いですね。

 

歌うと気分がよくなる方も多いと思います。

実は科学的にも、歌は健康につながるとされているんです!

今回は、歌と健康との関連についてお話します。

 

歌うことにどんな効果があるのかみていきましょう。

 

口・喉周りの筋肉が鍛えられる

歌っているときは、口が様々な動きをします。

お口周りやのど周りの筋肉が動きますが、このときに筋肉の動き方は

食べ物を食べて飲み込むときの動き方に似ています。

年を重ねるにつれてこのあたりの筋肉が弱ってきますが、歌うことで筋肉が鍛えられるんですね!

 

 

唾液が増える

口の周りの筋肉が動かされることで唾液腺が刺激され、唾液が出やすくなります。

また、歌うことで副交感神経が優位になりますが、副交感神経が優位になると唾液が多く出ます。

唾液には、抗菌作用、消化作用、粘膜保護作用などたくさんの働きがあります。

唾液が減ると口腔内が乾燥し、食べ物が飲み込みづらくなる、口臭がきつくなるだけでなく、

むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

 

 

脳の活性化・ストレス解消

歌詞を思い出しながら歌ったり、音程を合わせたりすることで脳が活性化します。

大声を出すことで気分がスカッとしますよね。

特に大声で歌うことで、ストレスの元になるホルモンが減るという報告もあります。

歌うことで脳から「エンドルフィン」「ノルアドレナリン」のような

いわゆる「幸せホルモン」が増え、ストレス解消になります。

 

 

呼吸が深くなる

歌を歌っているときは、自然と呼吸が深くなります。

歌いながら、曲のタイミングを合わせて呼吸をするため、

息を思いっきり吸ったり、吐ききったりとが繰り返して起こることで肺だけでなく、

その下の横隔膜、内臓にも刺激がいき、全身の血流がよくなります。

 

 

歌は、健康に近づくためには実はとっても有効な方法なんです。

(周りに迷惑にならない程度に!)お風呂場で歌うのもいいことですよ!☺

自分にあった方法で歌を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

管理栄養士 的場

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

無事出産(*´ω`*)

2020.08.2   カテゴリ:熱中症

 

みなさんこんにちは。

千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの久保田です。

産休を頂いていたのですが無事に出産しました!!

今回はコロナの影響で立ち会いも面会もできず、陣痛中はお産も重なり直前まで一人で陣痛に耐えました。笑

一人目も陣痛3時間半ぐらいでしたが、今回は2時間かからないぐらいでの出産でした!!

ですが陣痛は何度体験しても痛すぎるなと、、、( ;∀;)

今は夜中の授乳などあり大変ですが、二人目なので一人目よりは自分に余裕ももって子育てができています。

二人の子育ても頑張っていきます!

 

さて、雨の日が続いてましたがやっと晴れ間がでてきて夏って感じになってきましたね!

熱中症にかかりやすくなる時期ですね。

外出する際皆さんは対策などしていますか?

熱中症とは、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気です。

 

重症度も軽症から入院しなければいけない重症まであるそうです。

では、ならないためにはどうしたらいいのか。

外出の際は日傘や帽子をかぶり、なるべく日陰を歩くようにし、暑さを避ける。

通気性のよい服装をする。ちなみに、薄着のほうが涼しいとはいえ、インナーを着たほうが肌とインナー、インナーとアウターの間に空気の層ができ、外からの熱気を遮断してくれるそうです。

こまめな水分補給。

コーヒーや緑茶など利尿作用がある飲み物ではなく、麦茶などミネラルを補給するのにいいそうです。

その他にもタブレットや飴など今の時期色々なものが売っているのでそれらを食べるのもいいと思います。

調べるとこのようなおいしそうな飴もあるそうです(•‿•)

ぜひ探してみてください!

これから夏本番になっていきますが、体調管理に気をつけていきましょう。

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

口呼吸

2020.07.26   カテゴリ:お口のこと, 体のこと

こんにちは 千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニックの今村です。

毎日蒸し暑く過ごしにくいですが みなさん体調はいかがでしょうか?

新型コロナウイルスも未だ終息せず 大変な日々が続いています。

感染予防・消毒にも慣れてきて これまでの生活を見直す方も多いのではないでしょうか。

今に負けず 笑顔で免疫力を上げていきましょう。

 

今回は口呼吸を少しでも改善する方法をお話しますね。

口呼吸は全身の健康を損ね、口臭もきつくなる厄介なものです。

<鼻で呼吸ができない場合>

  • 鼻が詰まっていて鼻呼吸ができない人・・・耳鼻科で治療を受け、鼻の問題を治すことが先決です。
  • 歯並びが原因で口が閉めにくい場合・・・矯正治療で歯並びを治す必要があります。

<癖になっている場合>

鼻で呼吸はできるけれども、癖で口呼吸になっている場合には、とにかく口を閉め、

鼻で息することを意識して行いましょう。

最初は苦しく感じられるかもしれませんが、やっているうちに習慣化してきます。

鼻の通りが完全に良くない場合でも、できる限りの範囲で苦しくない程度にやってみましょう。

どうしても忘れてしまう、という場合にはリマインダーとして、家のあちこちに

「鼻で息をする」と書いて貼っておくのも良いでしょう。

<口腔筋機能療法について>

また、口呼吸が続いて口周囲の筋肉が緩んでしまっている筋力不足の場合には、

口腔筋機能療法(MFT)という、口周囲の筋肉トレーニング方法も効果的です。

実際に矯正歯科でもこのプログラムは取り入れられており、その種類は50種類以上にも及びます。

この訓練法によって口周りの筋肉を強化し、さらには鼻呼吸をするのに大事な舌の筋肉の強化、

また正しいポジションを身につけるようにします。

また、内科の医師が推奨している簡単にできる口周囲の筋肉の強化方法、「あいうべ体操」というものもあります。

今回はこのMFTの中の自分でできる簡単な方法と、あいうべ体操をご紹介します。

いつでもどこでも簡単にできますので、ぜひやってみてください。

 

自宅で簡単にできる口腔筋機能療法(MFT

1.唇のトレーニング

口を少し開き、上下の唇を上下の歯の間に巻き込むように入れ込み、その後「パン!」と音を鳴らします。

力をぬいて、もう一度同様に「パン!」と鳴らします。

これを20回~30回行って1セットとし、1日に3セットやりましょう。

2.舌のトレーニング

まず、舌を上の前歯の裏側の歯茎のふくらみの部分よりも少し下(スポットポジション)に置きます。

舌の先端をスポットポジションにつけたまま、舌全体を口の天井部分(口蓋)に吸い上げます。

そしてそのまま口を大きく開けて、舌で口蓋をはじくようにして「タン!」と音を立てます。

これを10回~15回行って1セットとし、1日3回やりましょう。

3.ガムチューイング

シュガーレスガムを奥歯で噛みます。

唾液が出てきたら、奥歯を噛みしめて唾液を飲み込みます。

ガムをよく噛んでやわらかくなったら、舌でガムを口蓋(口の天井部分)に吸い上げ

できるだけ広い範囲にガムをひろげてくっつけるようにします。

その後、ガムがずれないように舌でガムを押さえつけたまま、奥歯を噛んで唾液を飲み込みます。

これを1日に2回~3回やりましょう。

あいうべ体操

「あ」「い」「う」と大袈裟なくらい口を大きく動かして発音し(実際に声は出さなくても構いません)

「べ」は舌を思いっきり前にだしてやってみましょう。

この「あいうべ」をセットとし、1セットを5秒くらいのゆっくりした動作で行い

1日に30セット行いましょう。

 

口呼吸を改善する事で口腔のみならず全身の健康を手に入れましょう。

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

院内セミナーで勉強会してます!

2020.07.19   カテゴリ:勉強会

こんにちは!千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの御代出です。

最近またコロナウイルスの感染が都内を中心にあちらこちらで増えてきていますね。

もう第2波は始まっているのでは?という声も聞きます。これからまた外出が制限される日か来るかもしれません

今のうちにしっかりと歯医者さんで治療しちゃいましょう!

 

突然ですが、皆さん歯ブラシってどんなの使ってますか?

当医院では院長オススメの歯ブラシから、歯科衛生士オススメの歯ブラシなど、スタッフが実際に使用中の物販を受付横に揃えております

ぜひご自身にあった歯ブラシやその他歯みがき用品を見つけてください。私達もサポートさせていただきます!

来月のブラックボードでは歯ブラシの使い分けなどをまとめていますのでぜひご覧下さい♪

 

当医院では月1で講師の先生をお招きして、午前の診療をカットし院内セミナーを行っております。

患者様には度々ご迷惑をおかけ致しますが、そのおかげでスタッフ一同とっても有意義な時間を過ごさせて頂いております。

現状や今後の課題など、ミーティング内容もより濃いものとなり、第三者の方を交えることにより自分たちだけでは分からないたくさんの気づきがあります!

また来月も行う予定なので、今から楽しみにしています♪

千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

MFデンタルクリニック

043-247-1021

1 2 3 4 5 6 7 77

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ