TOP > ブログ

ブログ

キッズデンタルパーク

2019.03.3   カテゴリ:お口の中について, セミナー, 歯科治療

みなさんこんにちは。
千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック的場です。
昨年11月からこちらに入りましたが、ブログは初投稿となります。
これからよろしくお願いいたします!

 

さて3月に入り、少し寒さが和らいできましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。
花粉も気になる時期となってきました。
私は花粉症ではないのですが、大人でも発症する方はたくさんいらっしゃいますので、油断大敵ですね。

 

本日は医院はお休みですが、セミナーに参加してまいりました。

 

みなさん、「キッズデンタルパーク」を耳にしたことはありますか?

 

キッズデンタルパークとは、予防教育を主として、子どもたちのお口の健康を守る、子ども向けの歯科医院です。

 

子どもたちが楽しめるよう、待合スペースはアスレチックのようになっており、カラフルで子供の身長にあわせた内装が特徴です。
また、歌や音楽に合わせてお子様が楽しく学べるようなプログラムもあります。
そして、重要なのが、子どもたちが自ら口腔内の健康を管理できるように工夫されているということです。

 

ここに通うお子様たちは、自分から進んで診療台にのって、リラックスした状態で診療を受けていると知り、とても驚きました。

遊びながら、学べて、さらに自立もできる、それがキッズデンタルパークです。

 

実は以前に、本日ご講演なされた先生の医院を見学させていただき、実際にキッズデンタルパークを見たことがあるのですが、入った瞬間から歯科に来たことを忘れるような、大人でもわくわくする内観です。

カラフルで、迷路のように部屋と部屋がつながっており、名物(?)のすべり台もあるため、まさに「パーク」といえる空間になっています。

 

1551602503921

 

子どものうちから、予防意識をつけることは、生涯の健康維持にもつながります。

また、歯医者さんに来るお子様は怖がる子も多いので、少しでも楽しめる工夫は大切ですね。

 

〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
043-247-1021

謹賀新年

2019.01.1   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, ご挨拶, イベント, スタッフ, セミナー, 休暇の過ごし方, 歯科治療, 見学

あけましておめでとうございます。

医療法人社団MFデンタルクリニック

理事長 保田 靖です。

昨年も患者様、スタッフ、歯科関係者、異業種の先輩方に並々ならぬご支援をいただき2019年という新しい年を迎えることができました。

今年もさらなる飛躍の年にしていきたいと考えておりますのでご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

さて1月1日は毎年私がブログを書かせていただいておりますが、今年も去年を振り返りながら今年の抱負を書かせていただきます。

昨年も多くの他医院、技工所の協力により見学をさせていただき当医院のレベルアップのチャンスをいただきました。ご協力頂いた医院の理事長、院長、社長へ感謝と御礼を申し上げます。

自分の小さい頭だけで考えられることは本当に少なく、稚拙な答えしか出ません。

いろいろな場所を見させていただくことで自分の医院に取り入れ、患者様にとってもスタッフにとっても、私自身にとってもとても良い歯科医院になってきていると思います。惜しげもなくすべてを見せてくれて教えてくれる人に恵まれとても幸せだと思います。

 

IMG_0332IMG_0181IMG_0480download_fileIMG_0743IMG_0747

 

また休診日はほぼセミナーに行かせていただきました。(診療のある日もセミナー出席のため急遽休診にさせていただいたこと、ご迷惑おかけしました)

セミナーと一括りにさせていただいておりますが経営からテクニック、知識、コミュニケーションから終末期の討論会。様々なものを学ばせていただきました。

47歳という年齢ではありますがまだまだ足りないことできてないこと、甘いところは多々あり日々学びの生活です。できの悪いこんな私を丁寧に親切にご指導して頂いている先生方、ありがとうございます。

ほんの一コマですが写真を載せておきます。

すべてのスタッフが勉強熱心で私と一緒にセミナーに参加してくれたり遠くの医院の見学に付き合ってくれたりと医院がまとまってくれてることが嬉しいです。

 

IMG_0436IMG_0730IMG_0546IMG_0687IMG_0722IMG_0240IMG_0268IMG_0606

 

と、スタッフの話を出したのでスタッフについて少しご紹介しようと思います。

前述しましたがとても勉強熱心で医院のために頑張ってくれるスタッフです。私のわがままな要求にも嫌な顔わしてもしっかりとやりきってくれます。また医院を良くするためには何が必要なのか?を私に意見してくれます。

自分自身では考えつかないところを指摘してくれるので感心します。やはり一人だけでは何もできないことを痛感している毎日です。

仕事の後の飲み会、ディズニーランドでの院外研修、バーベキュー、院内の大掃除、忘年会などなどただでさえ一日の殆どを一緒にいるのに、疲れているのに休みたいのにいつもわがままに付き合ってくれてありがとう。

もちろんセミナーも。今年もよろしくおねがいします。

 

IMG_0018IMG_0021IMG_0022IMG_0024IMG_0297IMG_0746IMG_0580IMG_0790

 

私の家族の写真も少し上げておきます。

ご存知の方も多いと思いますが私の家族は妻1人子供3人の5人家族です。しかも3人の子供は年子で中学1年2年3年生です。

このぐらいになると全員の予定を合わせることができず(私が殆ど家にいないことが大きな要因ですが)子供と二人ででかけたり、妻と二人で、子供3人に私で出かけることも多い一年でした。

毎年夏に企画している親子ふたり旅も長女と二人で初めての小笠原諸島に行ってきました。中3の娘なので最後のふたり旅になるのかな?などと思いながら台風のなか旅立ちました。

とても綺麗な自然いっぱいの小笠原諸島の思い出を忘れないでほしいと本気で思えた旅でした。

年末は妻がアキレス腱を切りギブス生活になってしまったため毎年恒例の大掃除は妻抜きの4人で本気で朝から夜中までガッツリ行いました。トータル4日以上かかりました。が、子どもたちの手助けもありとても綺麗な家で新年を迎えることができました。

妻もギブスをしながら仕分けから断捨離と、かなり無理してくれました。本当にきつい数日の大掃除、私に付き合ってくれてありがとうございました。

 

IMG_0028IMG_0117IMG_0398IMG_0407IMG_0322IMG_0482IMG_0773IMG_0766IMG_0789

 

 

と、去年を簡単に振り返ってみました。一年はあっという間ですがとても多くの出来事が起こっているのだと改めて思わされました。

 

今年の抱負を最後に少しだけ。

 

もっともっと笑顔で元気な場所にしていきたいです。みんなで取り組めがもっともっと進化できると思います。

また新たに去年から管理栄養士も医院の仲間に加わっています。患者さんの身体、健康を守るために栄養面からも今年からアプローチできるようにしていきたいと考えてます。

患者さんにももっともっと歯科に対して興味を持ってほしいですし、ご自分の大切な歯を守るのは自分自身しかいない。と、自覚してほしいです。

歯科医院がどんなに良くても語彙分の歯を作ることはできません。またこちら側だけが一生懸命でも御本人が治そうと思っていただけなければいつまで経っても削る治療しかできないのです。

削った分だけご自分の歯は減ってしまいます。

 

すべての人が歯に興味を持って治療をしないで済むような口腔内環境を患者さん、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、管理栄養士、他にも沢山巻き込んで一生素敵な笑顔でいられるような人たちになりましょう。

 

改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 

医療法人社団ともしび会MFデンタルクリニック

理事長 保田靖

 

 

歯科用レーザーについて

2018.08.26   カテゴリ:お口の中について, セミナー, 未分類, 歯科治療

皆さんこんにちは!

歯科医師の林 良憲です。

 

先日、歯科用レーザーのセミナーに参加してきました。

皆さんは歯科用レーザーをご存知でしょうか?

既にご存知の方はもちろんのこと、ご存じでない方もいらっしゃると思いますので、紹介をさせて頂きます。

 

歯科用レーザーは

・半導体レーザー

・Nd:YAG(ネオジウムヤグ)レーザー

・Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザー

・CO2(炭酸ガス)レーザー

などの種類があります。

レーザーの中にも様々な種類の物がありますね。

 レーザー1

 

それでは、具体的にどのような時に使用されているのか説明していきましょう。

 

    殺菌・消毒

病原物質を蒸散させることにより、殺菌・消毒効果があります。

虫歯や歯周病の原因菌にも作用するため、治療にレーザーを用いることで高い効果を得ることができます。

但し、虫歯の原因菌に関しては一部のレーザーに限られており、中程度以上の虫歯には向いていません。

 

    鎮痛・消炎

出力を微弱に設定したレーザーには、鎮痛・消炎の効果があります。

特に口内炎や口角炎には直接照射することで効果があり、治りも早くすることができます。

非侵襲的な方法なので、アレルギーなどで薬剤の服用が難しい場合にも非常に有効な方法となります。

 

    組織の切開・蒸散・切削

レーザーメスとして外科的な手術に用いられます。

切開だけでなく、病変部の切除や蒸散、焼灼(焼いて治療すること)を行うこともできます。

歯肉や粘膜などの軟組織だけでなく、歯や骨など、硬い組織へも作用できるレーザーもあります。歯の切削、歯石の除去も行うことができます。

 

    凝固・止血

レーザーは熱により血液を凝固させる効果があります。

外科的な手術の際にも、止血をしながら切開ができるため出血が少なくて済みます。

 

    創傷治癒促進

レーザーを創傷面に照射することで細胞を活性化し、傷の治りを早く治すこともできます。

 

    歯質の強化

象牙質にレーザーを照射すると、表面に硬いハイドロキシアパタイトの層ができることがわかっています。

この層によって歯の酸耐性が向上し、虫歯になりにくい強い歯質にすることができます。

 

    根管治療

細い根管内にレーザーを照射して、根管に残った病原歯質を取り除くことができます。

レーザーの殺菌効果により、再感染のリスクを減らすことができます。

また、治療がしにくい根の先端部の膿も除去することができます。

 

    知覚過敏

歯茎下がりや歯の摩耗などが原因で、象牙細管という痛みを伝える管が露出してしまうと、歯髄にまで刺激が伝わり知覚過敏が起きます。

レーザーによって知覚過敏を抑えるには次の二つの方法があります。

一つ目は、歯の深部までレーザーを照射して、歯髄から痛みを抑える方法です。

二つ目は、痛みを伝える象牙細管の出口をレーザーによって凝固させて、痛覚を遮断してしまう方法です。

レーザーの種類によって、どちらかの方法かが選択されます。

 

    歯茎の色素沈着の除去

メラニン色素やメタルタトゥーなど、歯茎の色素沈着の除去にも用いられます。

歯肉の上皮部分に照射して、変色している部分を蒸散させ、新しい組織に生まれ変わらせることができます。

1回の照射で改善することもあれば、数回の施術が必要なケースもあります。

色素が奥まで入り込んでいる場合には、歯肉の切除が伴うこともあります。

 

歯科用レーザーのうち保険適用が認められているのは、Er:YAG(エルビウムヤグ)レーザーが使用されている虫歯治療(う蝕除去)と歯周病治療(歯石除去)のみです。

上記に挙げた治療の殆どは、保険適用外の自費診療となります。

レーザー2 

歯科用レーザーに関して、疑問点や質問事項があれば何でも聞いて下さい。

お待ちしております。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

噛むって大切!

2018.06.17   カテゴリ:お口の中について, 歯科治療

みなさんこんにちは!千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの御代出です。

 

 とうとう梅雨入り、じめじめの嫌な季節ですね。
湿気も多くて、私この時期は苦手です(*_*)
気分も優れず、体調も崩しにくいですが、気持ちは前向きに晴れで行きましょう!

 

突然ですが、皆さん知ってました?

長生きの秘訣は“ 噛むこと”にあるんです♡

昔の食べ物には、硬いものから軟らかいものまで歯応えがあるものが豊富だった為、よく噛んで食べていました。しかし今はその歯応えのある食べ物が減ってしまっているんです。

 

噛むことには様々な健康効果があることが実験でわかっています。脳も活性化され、認知症の対策にもなるそうです。それだけではなく、記憶力アップやストレス解消にも効果があるそうです。

昔から、よく噛んで食べなさいと両親に言われたものです^_^笑

皆さんも、噛むことを意識しましょう。

 

7A203C65-4265-4A75-ACB4-77B3EFBF900D

 

口に入れてから30回以上は噛んで飲み込むのが理想です。早食いするよりもお腹がすぐにいっぱいになるので、女性の方はダイエットにもなりそうですね( ^ω^ )

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

歯ぎしり

2018.06.3   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, 歯科治療

 

こんにちは。千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの久保田です。

最近暑くなったり涼しくなったりムシムシしたり天気が不安定ですが、体調崩されたりしてませんか?

来週から梅雨入りかもしれないみたいですね(*_*)ジメジメムシムシするので梅雨の時期は好きではないですが、梅雨を乗りきれば夏が待っているので頑張ってのりきります!笑

今日は歯ぎしりについてです。

・朝起きたときに奥歯、顎が痛い、疲れてる

・歯がかけたり、割れたりしたことがある

・集中しているときに無意識に歯を食いしばっている

などの症状があるかたは、夜寝ているときに歯ぎしりをしてしまっている可能性があります。

その原因としては、ほとんどがストレスと言われています。寝ているときに無意識に歯をくいしばることで、不安などを解消しているようです。

歯ぎしりをすることで、ストレスを解消しているのですが、歯にあたえるダメージが過度な場合は改善するべきです。

あとは噛み合わせが悪いと歯ぎしりを起こしやすいと言われています。

噛み合わさったときに特定の歯だけ強く接触していたり、詰め物、被せものが高すぎてぶつかってしまっていたりすると歯ぎしりをしてしまう原因になります。

自宅でできる治療法は、ストレスを減らすことです。寝る前に好きなことをし、ストレスを解消する方法をみつけることが大切です。

ストレスを解消するするのは難しいので、歯科での治療も大切です。歯ぎしりをすることにより歯がすり減ってしまうのを防ぐため、ナイトガードというマウスピースを使った治療が主体となります。

fccaf92f0604467710a2ea0e63026f10_64ad96e766037d8ad6b2a95ff8822a95

 

 

 

 

 

寝るときに装着し、食いしばりなどから歯を保護するものになります。毎日夜装着していただき、朝はずします。毎日使っていただいていると穴が開いてしまったり、割れてしまったりするのでその場合は作り直しをします。

当院でもナイトガード作成できますので顎が疲れる、歯がかけたなどの症状があるかたはご相談ください。

 

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

 

1 2 3 4 5

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ