TOP > ブログ

ブログ

2つのケアについて

2022.04.4   カテゴリ:お口のこと

みなさんこんにちは。
千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの新井です。

定期的に歯科医院へ行っていますか?

あまり行きたくないな…”
痛くなれば行けばいいか!
今の現状に困っていないしいいか!

このような考えの方もまだまだ沢山いらっしゃるのが現状です。

歯を支えている周りの骨は 1度下がってしまうと元に戻すのは難しいです。

歯周病を進行させない為には
・現状維持を行うこと
・予防すること
が重要です!

歯周病には原因がいくつかあります。

原因の一つでもあるプラーク、歯垢と呼ばれる 細菌の塊をコントロールすることがポイントになります。
では、どのようにコントロールすれば良いのでしょうか?

【セルフケア】

セルフケアはご自身でしていただく毎日の歯磨きになります。

歯ブラシの他に歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシなどを使用していただくとより効果的に清掃が行えます。

【プロケア】

ご自身で磨く時に苦手な所や難しい所、歯と歯茎の間の溝(歯肉溝、歯周ポケット)など 、普段のお手入れで手の届かない所は私たちプロケアの出番です。

特殊な器具を使用し歯ブラシでは磨けないところのお手入れを行っていきます。

セルフケアとプロケアを行うことで歯周病の予防をより効果的に行うことができます。

歯磨きの際、血が出たりしていませんか?

それは歯茎が炎症を起こしているサインかもしれません

普段何気なくしている歯磨きから 正しいケアを身につけて、ご自身の歯でいつまでも食事が出来るように、
歯周病の進行予防を一緒に目指していきましょう!

260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2
MF10
ビル2F

043-241-1021

舌ケアについて

2022.02.27   カテゴリ:お口のこと

みなさんこんにちは。
千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの新井です。

さて、今回は『舌のケア』についてお話しします!

皆さんは歯磨きをされていると思いますが

舌磨きをしたことはありますか?

舌には様々なものが付着し苔状に見えることがあり、これを舌苔といいます。

細菌、食べかす、口腔粘膜の剥がれた上皮などが舌に付着した集合体で構成されています。薄く付着している(少し白い)状態は正常です。

ここでは口腔内を清潔に保つため、舌苔の清掃方法について解説します。

 

 

< 舌苔の放置は障害の原因にも >

舌苔が多くなると口臭や舌の痛み、味覚障害の原因になることがあります。

市販されている舌用の歯ブラシや用具があります。それを使用するかあるいは軟毛の歯ブラシを使って舌苔を落とします。

優しい力で、奥から手前へ汚れをかきだすように磨きます。

乾燥が見られる場合は、保湿剤などを使用してふやかしてから取り除きましょう。

一度に取り切ろうと思うと舌を痛めることになりますので、回数をかけて徐々に取り除きましょう。

舌磨きはやり過ぎると舌が傷ついてしまう為、11回のケアが目安です。

 

 

 

 

 

 

< 日頃から予防を >

舌苔は舌の動きが弱くなったり少なくなると厚くなってきます。

日頃から食事の時はよく噛んで食べるようにする。話をして口を動かすなどして舌を動かすようにしましょう。

舌の運動が活発になると唾液分泌が促進され口の中が潤い、口全体の健康につながります。

舌苔がなかなか取れない、口臭が強いなど心配な事があればお気軽にご相談ください。

260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2
MF10
ビル2F

043-241-1021

歯周病安定期治療(SPT2)について

2022.02.13   カテゴリ:お口のこと, 体のこと, 勉強会, 歯科治療


こんにちは千葉市中央区新宿にある
MFデンタルクリニックの今村です。

先日は今年2度目の積雪

子供と一緒にはしゃいで遊んでしまいました(*´`)

 

 

今回は歯周病安定期治療(SPT2)についてお話したいと思います。

 

平成28年の診療報酬改定でかかりつけ歯科機能強化型診療所が新設されました。

これは、一定の条件を満たす歯科医院が届け出て認定を受け地域完結歯科診療の体制を整えていこうとするものです。

当院も国からの認定を受けかかりつけ歯科機能強化型診療所となりました。

かかりつけ歯科機能強化型診療所で受診するメリットは、今までよりも患者様の状態に寄り添った治療内容を保険の適応範囲内で受けることが可能となり、一般的に保険を使ったメンテナンスは4か月ごとしか出来なかったものが患者様のお口の状態に合わせ1か月~3か月(SPT2)ごとでも保険内でのメンテナンスが可能になりました。

SPT2とはSupportive Periodontai Therapyの略で「歯周病安定期治療」のことです。

歯周病は、歯周組織(歯肉、セメント質、歯槽骨、歯根膜)に発生し、自覚症状が少なく知らないうちに悪化する疾患です。

歯周病の治療が終了し、一時的に病状の安定が見られたとしても歯周ポケットが深い状態のままであることもあります。

このような場合は歯周病の再発が懸念されるため安定した状態を維持する治療を継続して行うSPT2(歯周病安定期治療)へと移行していきます。

 

 

SPT2の効果

歯磨きでは取り切れない汚れを取ることで細菌を付着しにくい状態にする

虫歯・歯周病リスクの安定化

歯質の強化〔フッ素塗布など〕

 

 

 

お口の中の健康を獲得し、美味しく自分の歯で噛むことにより全身的にも健康を維持することができます。

何か分からない事がありましたら お気軽にスタッフに声をかけて下さい。

まだまだ寒い日が続きますが お体ご自愛くださいませm(_ _)m

 

 

 

260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

フッ素について

2022.01.23   カテゴリ:お口のこと

皆さんこんにちは、MFデンタルクリニックの新井です。

突然ですが、むし歯の予防には「フッ素」が効果的であると聞いたことはありませんか?
しかし、フッ素がどのようにむし歯を予防するのかについてはあまり知られていないのではないでしょうか。
そこで、今回はフッ素のむし歯予防の3つの作用と、当医院でのフッ素塗布についてお話しします。

 

フッ素の3つの作用について

フッ素には大きく分けて3つの虫歯予防作用があります。

 

 

1、再石灰化の促進作用(初期むし歯になりかけの歯を戻す)

 

食事をすると食べ物や飲み物の中の糖分を餌にして、むし歯菌が酸を作り出します。

その酸によって歯の表面(エナメル質)を形成する成分の「カルシウム」と「リン」が溶け出してしまうことを「脱灰」といいます。
カルシウムとリンは唾液にも含まれているため、脱灰されても時間が経てばお口の中の唾液によって修復されていきます。

これを「再石灰化」といいます。
フッ素にはこの再石灰化を効率よくする働きがあります。

 

 

 

2、歯質の強化(むし歯になりにくくする)

 

歯の成分(エナメル質)はリン酸カルシウムでハイドロキシアパタイトと言われる結晶を作っています。

フッ素の作用により酸に強いフルオロアパタイトという結晶に変わり、むし歯になりにくくなります。

 

 

3、むし歯の原因菌の活動を抑える(むし歯を弱らせる)

 

 

フッ素はむし歯の原因菌であるミュータンス菌の働きを弱めてむし歯の原因となる酸を作りにくくする作用があります。
ミュータンス菌は歯の表面に付いている白く柔らかい汚れであるプラーク(歯垢とも呼ばれています)に潜んでいます。
このようにフッ素には、「歯の質を高める効果」と「むし歯の原因菌の活動を低下させる効果」があるため、フッ素を利用することでむし歯の予防がかなり期待できます。
フッ素の活用方法には、フッ素歯面塗布、フッ素洗口、フッ素配合歯磨剤の使用などがあります。

 

 

当医院でのフッ素塗布について

 

①フッ素歯面塗布

 

フッ素歯面塗布は歯科医師、歯科衛生士が高濃度のフッ化物溶液やジェルを歯に直接塗布する方法です。

塗布するタイミングとしては歯の生え始めが効果的です。
また、矯正治療中や唾液流量の低下、歯根露出など、むし歯なりやすい状態の方に対しても効果があります。

当医院では、ジェルタイプ(9000ppm)とフォームタイプ(12300ppm)2種類から選択して塗布しています。※ppm…フッ素濃度

うがいの出来るお子様から、フォームタイプのフッ素をおすすめしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②フッ素配合歯磨剤(歯磨き粉)やフッ素ジェル・フォーム

 

自宅でもフッ素でケアをする事により、定期的なフッ素歯面塗布と併せることでむし歯予防効果が高まります。

歯磨剤・フッ素ジェルは(1450ppm)配合されています。

 

 

フッ素塗布後の注意

 

・口に溜まった唾液は吐き出して下さい。

・塗布後30分間は飲食、うがいは控えて下さい。

・フッ化物歯面塗布は1回受けても効果は得られません。34ヶ月に1度、定期的に継続して受ける必要があります。

フッ素はむし歯を予防する強い味方ですが、フッ素塗布を行ったからといって、絶対にむし歯にならないとは限りません。
甘いものをたくさん食べていたり、正しい方法で歯磨きができていなかったりするとむし歯のリスクは高くなってしまいます。
継続的なフッ素塗布や定期的な検診・クリーニング、正しいセルフケアを一緒に行うことが大切です。

260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

 

あけましておめでとうございます

2022.01.9   カテゴリ:お口のこと, 未分類

こんにちは 千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニックの今村です。

2022年もスタートして 今週は思いのほか大雪に見舞われた千葉でしたね!

 

我が家の娘は大はしゃぎで雪遊びをしていました(*´`)

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

7日は七草。

毎年 朝食に七草粥を頂くのでますが

今年はこの雪に気を取られ買い物を忘れてしまい・・・

娘は幼い頃から七草粥が大好きなので ブーイングでした(–;)

で、夕食に出す事で何とか納得してもらいました

 

 

 

その娘ですが・・・

昨年「健歯コンクール入賞」の賞状を頂いてきました。

 

歯が生えてから仕上げ磨きをしてきたのですが・・・

最初は嫌がる娘を足で押さえながら なだめながらやっていました。

帰省中に義理の両親からそこまでやらなきゃいけないの?と引かれながらも続けてきました!

2歳になる頃には 自分からブラシを持ってきてコロンと寝て口を開けるようになり 

小学生になる頃にはフロスも自分で出来るようになり

今では一人磨きもなかなか上手く出来るようになりました。

その結果 こんな賞を頂けて歯科衛生士の母としては本当に嬉しい出来事でした。

 

今回は私く事のお話で失礼しました。

 

 

皆様が笑顔になれるようスタッフ一同頑張っていきます。

本年も宜しくお願いたします。

 

260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

1 2 3 4 5 14

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

●月・木曜日
9:00〜13:00 、15:00〜21:00
●火・金曜日
9:00〜13:00 、15:00〜19:00
●土曜日
9:00〜13:00 、14:00〜18:00

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

<一般行動計画>
「妊娠中や産休・育休復帰後の女性スタッフのための相談窓口を設置」

料金表

Mogmog Fusso クラブ