TOP > ブログ

ブログ

インフルエンザの季節です

2019.01.20   カテゴリ:お口の中について, インフルエンザ, 未分類

こんにちは 千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

お天気続きで空気も乾燥し毎日寒い日が続いていますが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

年末からインフルエンザが流行し始めて子供たちの学校でも学級閉鎖の話をちらほら耳にします。

こんな季節だからこそ 感染しない、させないインフルエンザ対策が大切ですね!

 

インフルエンザ対策の基本

 

1.流行前に、インフルエンザワクチンを接種しましょう。

2.うがい、手洗いをこまめにしましょう。

3.咳エチケットを行いましょう。

4.室内に適度な湿度調節(50~60%)を行いましょう。

5.人混みや繁華街への外出を控えましょう。

6.十分な休養、バランスの良い食事をしましょう。

 

加えて大切なのが口腔ケアです。

歯周病菌はインフルエンザ感染を重症化させます

 

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。

また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できない為 口腔内を不潔にしておくと

インフルエンザ感染を助長します。

特に免疫力の弱い高齢者はインフルエンザが重症化する可能性があります。

毎日の口腔ケアで口腔内の細菌を減らすことがインフルエンザ予防につながります。

口腔細菌は歯の表面だけなく、舌の上、咽頭などの粘膜にも多く存在します。

IMG_3340  日本口腔保健協会より

1.歯磨き

歯ブラシや歯間ブラシ・ワンタフトブラシ・フロスなどを使い物理的に歯垢(プラーク)

を取り除く

2.舌磨き

舌磨きの専用ブラシがありますが 優しく力の加減をしながら歯磨きのブラシで最後に

舌磨いてもよいでしょう。

3.マウスウォッシュ

マウスウォッシュでプラークを取り除く事は出来ませんが 殺菌効果が期待できるので

洗口剤を使ってのうがいをしましょう。

4.唾液腺マッサージ

万が一ウイルスがお口やのどに入っても、身体が持つ防御機能がきちんと働いていれば

インフルエンザの発症を防ぐ事も出来るのです。

なぜなら、お口やのどには唾液による「清浄作用」「粘膜保護作用」「抗菌作用」などの

防御機能があるため。

逆に、お口の中が乾燥して唾液の量が減ると、ウイルスに感染しやすく

なってしまうのです。

バランスよく唾液を出すためには、唾液腺マッサージがおすすめです。

IMG_3347  Club Sunstarより

この季節を元気に過ごす為にこのような事に気を付けながら

マスク着用で乗り越えましょう。

 

 

〒260-0021

   千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
    043-247-1021
    医療法人社団ともしび会
    MFデンタルクリニック

 

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ