TOP > ブログ

ブログ

ライブ配信

2018.07.29   カテゴリ:セミナー

こんにちは。

千葉市中央区新宿MFデンタルクリニックの濱田です。

猛暑の日々から暑さが一旦落ち着いたと思ったら、久々の雨は台風…湿度も高く体調を崩しやすい日が続きますね。みなさま、台風の影響は大丈夫でしたか?

 

今日は株式会社ヨシダのセミナー「歯科のチカラでずっと美味しく、そして楽しく。家族の笑顔から考える歯」を、セミナー会場は満席になってしまった為、ライブ配信でMFデンタルクリニックにて受講しました(*^^*)

タイムリーでライブ配信とは便利な世の中ですね!

19201F51-D648-4EDC-8BDD-08E1A2759605

 

“口は健康と笑顔の入り口”をテーマに歯科だけではなく医科の先生やシェフの方の講演があり、歯科と全身の関わりについての知識を深める事ができました。

一部ですがその中での口呼吸についてのお話しを少しだけ(*^^*)

 

みなさんはご自身がきちんと鼻呼吸しているか口呼吸になっているか考えた事はありますか?

口呼吸の方の割合として10~20%という統計もあり、数少ない印象を受けますが、これはお子さんについての保護者の申告やアンケートによるもので自己判断。

専門家による診断では口呼吸の割合は70%前後になるそうです。

 

診査方法としては専門の器具を使用したものや、口に水をふくんでそのまま3分間保持できるかどうかというチェックもあります。鼻呼吸が上手くできないと苦しくなってしまうので途中で水を飲み込んでしまうんですね。

 

口呼吸がもたらす弊害として、頭部前傾や頚椎前弯といった姿勢の乱れ、頭痛、疲れやすくやる気が起きない、発音や嚥下機能の低下。鼻呼吸の人と比べて肺機能の低下や2倍ぜんそくになりやすいといった統計があります。

 

鼻呼吸が上手くできない原因としては、アレルギー性鼻炎やアデノイド、上咽頭炎など鼻やその周りの器官の炎症が原因となる場合。その他には低位舌など口腔機能に原因がある場合もあります。

舌のが正しい位置(写真左)より低くある事で(写真右)口呼吸を促す原因になります。

C6FA3D3C-271B-4D2B-A10F-841DA030E5C3               9AF1EDC4-99CB-4B67-963A-9C1EF88938F5

 

 

口呼吸を鼻呼吸へ改善するお口の運動であいうべ体操が世界的に推奨されています。

 

次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

(1)「あー」と口を大きく開く

(2)「いー」と口を大きく横に広げる

(3)「うー」と口を強く前に突き出す

(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

 

E6CC5C9E-E425-4D0F-83EB-5EB26B45957F7044126F-03C9-4AC7-89FB-8DE5240BE517C4D018FF-FFC0-438C-87BC-BF353F1A214B4DB65BC6-5BE2-45A1-B398-ECCDAFB9B002

(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける。

この体操は、真剣に行うとかなり疲れます。慣れるまでは、2~3度に分けたほうが続けやすいでしょう。入浴時にやるのがおすすめです。「あいうべ体操」は口をしっかり、大きく動かす必要がありますが、無理は禁物です。

とくに顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数をへらすか、「いー」「うー」のみをくり返してください。

 

噛む、飲み込む、呼吸する

日々当たり前のようにしている事ですが、これらは生まれた瞬間からできる事ではなく学習していくもの。正しい咀嚼、正しい嚥下、正しい呼吸を学ぶ必要があります。

上記の口呼吸に関する原因、弊害、改善方法など一部のもので、全てではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

鼻呼吸をする事でお口のトラブルを防ぐだけでなく、アレルギー性疾患の改善やインフルエンザなどの感染症予防にもつながるそうです。

正しい呼吸法で毎日健やかに過ごしたいですね(*^^*)

 

引用:みらいクリニック、あいうべカード

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

親知らずについて

2018.07.22   カテゴリ:MFのこと, Q&A, お口の中について

こんにちは千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの瀬戸です。

猛暑日が続いて過ごしにくい毎日をお過ごしかと思います。

私は出身が北海道のため、7月からこのような猛暑日が続くことに体は慣れていません・・・笑(*_*;

こんな暑い日には毎日海に入りたいなんて、思っているこの頃です笑(..)

 

さて、今回は親知らずについて書きたいと思います。親知らずとは、ご存知の方も多いと思いますが

「智歯」「知恵歯」「第3大臼歯」、歯科用語では「8番」と呼ばれています。生えてくる時期は大体10代後半から20代前半と言われています。

oya

 

なぜ親知らずと呼ばれるかというと、乳歯が生えてくる時期はお母さんやお父さんがしっかりと確認していますが、この歯の生え始めを親が知ることがないことから「親知らず」と呼ばれるそうです。

私自身、歯科で自分の歯のレントゲンを目にするまでは親知らずがどのように、生えているのかを知りませんでした。

親知らずは様々な角度で生えています。まっすぐ生えている人もいれば、少し斜めに傾いて生えていれば、真横に生えてる人もいます。さらには、逆さまに生えている人もいます。

 

親知らず

この写真は真横に生えている親知らずです。

 

 

このように、まっすぐ生えるのではなく斜めや、横に生えてしまう理由は時代の変化に伴っています。昔の時代のヒトの食事は固い木の実や硬い肉などを食べていました。それが技術の発展、食の発展により硬いものから柔らかい食事を好む時代へと変わってしまったことから

硬い食材をよく噛む生活が減ってきてしまい、時代とともに顎の発達が弱くなってきたと言われています。

 

親知らずがしっかり生えることのできる十分なスペースがなく、なんとか狭い隙間にねじ込もうとして生えてくるので、生え方にバラつきが生まれてしまったのです。

 

親知らずは生え方によっては全てを抜かなければならないと言うわけではありませんが、基本的には抜くことをお勧めしています。斜めに生えていたり、真横に生えている場合、隣の7番目の歯を痛めたり、歯並びを悪くする原因になります。

 

 

さらに歯茎の中にある場合、歯茎の中のお手入れができず、ばい菌や虫歯になったとしても気づきにくいのです。また、歯茎の外に出てきた歯でも、一部だけ顔を出しているものや半分全部出ているものは、食べ物が詰まりやすかったり、虫歯になりやすいと言われています。

 

 

抜歯時期によっても女性の場合、妊娠前に抜歯した方が良いと言われているのは、妊娠中体調の変化が起きやすく歯磨きがままならなくなること、さらには、手術の際の麻酔、痛み止め、抗生物質などのお薬が飲めなくあります。それは授乳中の際も同じです。そのため、親しらずの抜歯は男性も女性も早いに越したことがないのです。

 

ご自身のお口の中と今一度向き合ってみて、親知らずについてなにか疑問や、質問などございましたら、遠慮なくご相談くださいね!(^^♪

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2‐10‐2MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

 

 

 

 

 

熱中症

2018.07.15   カテゴリ:Q&A, 未分類

こんにちは。千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの久保田です。

梅雨が明け、真夏日が毎日続きますが熱中症などにはなっていませんか?

子供の保育園もプールが始まり毎日プール遊びをしているみたいです(^^)

今日は熱中症についてお話ししようと思います。

熱中症は、高温多湿な環境に私たちの体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

以下のような症状が出た場合は熱中症にかかっている可能性があります。

1.めまいや、たちくらみ顔のほてり、一時的に意識が遠のいたりします。

2.手足の筋肉がつる、筋肉がぴくぴくと痙攣する。

3.体がぐったりし、力が入らない。吐き気頭痛がする。

4.体温が高く、皮膚をさわると痛い。

5.声をかけても反応しない。真っ直ぐ歩けないなどの症状が出てる場合は、重度の熱中症にかかっている可能性がある。などがあげられます。

004

熱中症にならないための予防としては、水分をこまめにとり、塩分をとる。

クーラーなどをかけ、睡眠環境を快適にする。あとは日々の食事に気をつけてバランスの良い食事を心がけていくことが大切です。

熱中症にかかってしまったなと思ったときの対処方法は、涼しい場所に移動をする、アイスノンなどをつかい体を冷やす、反応が鈍かったりした場合は救急車を呼ぶなどしましょう。

まだまだ毎日熱い日々が続き、海やプールにいく方も多いと思います。冷たい水に入っているから大丈夫だと思う方も多いと思いますが、海やプールに入っていても熱中症になってしまうので、帽子をかぶったり、水分塩分をこまめにとるようにしましょう。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

ホームパーティー☆

2018.07.8   カテゴリ:MFのこと, イベント, 休暇の過ごし方

みなさんこんにちは!

千葉県千葉市中央区新宿にある

MFデンタルクリニックの小此木です(^ω^)

過去1番早い梅雨明けで暑さも厳しくなってきましたね!

外と室内の温度差で体調崩さないように

気をつけていきたいところです!

 

さて、今回は私たちスタッフ休日とおめでたい事の

2本立てでお話させていただきます♪(笑)

 

まず1つ目は、先日スタッフのおうちでパーティーをしました!

毎度全員は集まれないが今回で3回目( ̄‥ ̄)

ちなみに私は全て参加しております(笑)

美味しいお酒と美味しいご飯を食べながら、

終盤にはゲームをして楽しんだりと楽しく笑いの絶えない

休日となりました!

次は秋か冬にと私1人で企んでおりますヾ( ^ω^)ノ

D148A755-1FBB-4267-AB66-B69B0D36CADA

 

そして2つ目は先日7月5日は保田医院長の誕生日でした!!!

みんなから色紙と先生が大好きなビールを贈りました♪

いつも冗談ばかりでいう医院長ですが、

いつも全力で患者様に愛されてる頼もしい医院長です(‘∀`)

この場をお借りして…いつもありがとうございます!

これからも身体に気をつけて!患者様により良い診療が出来るように

私たちスタッフもサポート頑張ります!

これからもスタッフ一同よろしくお願いします。

7DFBD2E3-FDB2-4EA3-8FAA-1A1F22D6D22D

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

健康寿命を伸ばす為に・・・

2018.07.1   カテゴリ:お口の中について

こんにちは MFデンタルクリニックの今村です。

梅雨のジメジメした嫌な季節ですが 皆様お元気のお過ごしでしょうか?

今回は健康寿命を伸ばす上で歯科が深く関係しているお話をしたいと思います。

 

日本の健康寿命と平均寿命には大きなズレがある

健康寿命:健康上の問題で日常生活を制限されることなく生活できる期間

 

7FDD98E7-153A-40C0-9BC3-01432837EA16

 

 

厚生労働省が発表した数字によると、一般的な寿命と健康寿命に、大きな差があるとされています。

平均寿命と健康寿命の差は、平成22年で、男性9.13年、女性12.68年となっています。

青が平均寿命。赤が健康寿命。この差は拡大している

食べる力が生きる力になる

歯のあるお年寄りは、歯のないお年寄りに比べて健康である方が多いです。歯の重要性は現在、非常に注目されているのです。

健康寿命を伸ばすには脳卒中(脳梗塞・脳出血)心筋梗塞、認知症による転倒での骨折など長期的に介護が必要になる状態をいかに避けるかが決め手です。

脳卒中、認知症のような脳神経系のトラブルと骨折など運動系のトラブルが要介護の原因の大半をしめます。こうしたトラブルを回避する力が口腔ケアにあるのです。

私たちにとって、毎日の食事は当然のことなので、一食一食意識して食べている方は少ないです。しかし、人間にとって「食べること」は生きる営みであり、命の源なのです。食べる力が命となり、私達は生きながらえているのです。

口からものをいれ、体内で栄養とすることと点滴から栄養を補給することには大きな差があります。自分の口で食べることが何よりも大切なのです。

食べることにプラスし、よく噛むことも非常に大切

私達の誰もが、幼い時に「よく噛んでものを食べなさい」と言われて来ました。近年ではこの、咀嚼の重要性が明らかになってきています。口からものを食べ、そしてよく噛むことでカラダの免疫力が高まり、がんを予防することがわかってきているのです。

口から食べることで腸の活動は増します。腸には体内の免疫細胞の60%が集中しており、腸の働きを活発にすることがカラダ全体の免疫力の向上にダイレクトにつながるのです。腸の免疫力は高齢になるほどに低下してしまうので、食べ物を体内にいれ、腸を動かすことで免疫力の低下を防ぐのです。

また、食べ物に硬さがある方が脳の働きが活発になる研究結果も出ています。

よく噛むことで

  • 肥満を防止(転倒防止)
  • 脳の活性化(認知症防止)
  • 運動機能の向上(転倒防止)
  • 糖尿病の予防(脳卒中防止)
  • 免疫力の向上(老化の防止)

など、要介護になる原因を防ぐ効果が溢れています。

高齢になり、歯を失ってしまい、食べやすいものを食べる生活を行っていると食べる喜びを失うだけではなく、カラダの働き、腸の働き、脳の働きを失い、要介護の間接的な原因を作るのです。               ドクラボより

食べ物を食べる事はいつまでも健康に長生きする為に大切なことで 歯を失わない為には定期健診を習慣づけましょう。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ