TOP > ブログ

ブログ

唾液の作用

2019.05.26   カテゴリ:お口の中について, 歯科治療

こんにちは。千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの濱田です。

先日、あるテレビ番組の中で、唾液の分泌量について日本人は欧米人に比べて圧倒的に少ないといった内容が放送されていました。へぇーそうなのか!と思ったものの、私がインターネットや参考書などで検索した範囲では正確な統計等の資料は見つかりませんでした。(日本人は欧米人に比べ3分の1と書かれている方もいましたが)

 

日本人と欧米人では、食生活の違いはもちろん、頭蓋骨の形の違いや汗腺の数の違い、赤血球の数の差から平均体温の違いまであると言われているので、分泌量の違いもあるかもしれません。そういう説がある。程度に覚えておこうと思いました(^^)

 

嬉しいことに、世間でも歯科への関心も高まっているようで、お口に関する情報がメディアで取り上げられる機会も多くなっているように感じます。間違いとまではいきませんが、詳しい説明が省かれている事で誤解を招きそうな表現や過剰な報道も少なくないという印象を個人的には受けます。自分に必要な情報を取捨選択して、暮らしに役立てていきたいですね。

 

そんな話で、今回は【唾液】について知識を深めていただけたらと思います☆

唾液は99.5%が水分です。唾液のpH(ペーハー)は平均6.8(中性に近い弱酸性)ですが、唾液の量が多いほどpHは高くなります。残り0,5%に含まれる成分には以下のものがあります。

 

  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • 塩化物
  • 炭酸水素塩
  • 無機リン酸
  • マグネシウム
  • リン酸ナトリウム
  • ディフェンシン
  • グロブリン
  • ヒスタチオン
  • リゾチウム
  • ラクトフェリン
  • アミラーゼ
  • マルターゼ
  • その他

そして、唾液がお口の中にもたらす効果は以下のものがあります。

 

唾液作用

 

  1. 洗浄作用;食べかすなどを洗い流す。お口の中の食べ物や歯についた汚れを洗い流す作用があります。またお口の中の細菌などを洗い流し、胃に運び強酸性の胃酸で殺菌するという作用にも大きく貢献しています。
  2. 抗菌作用;プラーク(歯垢)の発生を抑える。お口は常に体外に晒されており、水や食べ物、歯面のプラークなどを介して、細菌が侵入してきます。唾液はそうした細菌の侵入を阻む作用も持っています。また唾液が減ると歯周病が進行しやすくなります。歯周病菌はもともと口の中に住んでいる細菌です。唾液によって細菌の数や割合がコントロールされています。唾液が減り、唾液の抗菌作用がなくなると毒性の強い歯周病菌がより多く繁殖しやすくなります。
  3. 円滑・保護・咀嚼補助作用:唾液の成分にムチンという粘性のタンパク質があります。食べ物を唾液で濡らし、喉を通りやすくする作用があります。また口の中の粘膜を潤し、声がよく出るよう発声を滑らかにしたり、食べ物や刺激から口の中が切れたりすることから、口腔粘膜を保護する作用を持ちます。
  4. 消化作用:ヒトは活動する際にエネルギー源としてブドウ糖を使用しています。ですが、ヒトの摂取している食事には、ブドウ糖としては食べ物の中に存在していません。ブドウ糖が結合しているでんぷんとして炭水化物の中に含まれているのです。でんぷんの状態ではヒトは体内に吸収する事ができないのですが、唾液の中の有機成分のアミラーゼという酵素によってブドウ糖に分解され体内に取り入れることが出きるのです。よく咬んで唾液を出して食事をしないと、消化し辛くなり、胃に負担をかけることになってしまいます。
  5. 再石灰化作用;一度溶けた歯の成分の再沈着をはかる.唾液の中にはリン酸やカルシウムなど歯には欠かせない多くのミネラル成分が含まれています。歯は食事のたびに溶かされミネラル成分が流れ出ます。唾液によってミネラル成分が歯に戻される再石灰化(さいせっかいか)が起こります。また、多くのミネラル成分が含まれる唾液は歯垢を歯石にします。
  6. 味覚作用;唾液は食べ物を分解することで、味覚を感じやすくさせます。これは、食べ物に含まれる味物質が、唾液の中に溶け込むためです。舌表面にある味蕾は、味物質への感受性が高い組織なので、唾液を介して様々な食品の味を見極めることができます。
  7. 緩衝作用;pHを元の状態に保とうとする。お口の中が酸性に傾くことで歯は溶け始めていきます。こうした酸性に傾いたお口の中の環境を中性に戻してくれる作用を緩衝作用と呼び、唾液がそれを担っています。

 

唾液の分泌量は1日1.0~1.5Lですが、安静時では1時間当り平均19mLであるのに対して、睡眠時には1時間当り平均2mLと少なくなります。つまり睡眠時は唾液の役割が期待できません。ぜひ就寝前のブラッシングを習慣づけましょう!

 

260-0021  千葉県千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

医療法人ともしび会MFデンタルクリニック

043-247-1021

 

引用:い~でんたるへるす・唾液の成分と歯の健康を保つ7つの作用

虫歯はないのに歯が痛む「非歯原性歯痛」

2019.04.21   カテゴリ:Q&A, お口の中について, ご連絡

 

こんにちは、千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。桜の開花がニュースで報道されたかと思えばお花見シーズンも過ぎ去り新緑が見られる季節になりました。個人的にはやっと冬の寒い季節がやっと収まってきた実感が持てるようになってきてます。

今回はお口の中痛みの原因のしゅるいについて。お口の中の痛み、違和感、物が食べにくいなどの不快な症状は虫歯や歯周病が原因だと思われていませんか?むし歯の治療に関しては歯を削るので歯科医院でも被せ物をします。しかし、むし歯による症状ではなかった為に不快感が治らない、実は原因がないのに起こる歯の痛み「非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)」と呼ばれる症状があるのです。最近になってようやく注目されるようになりました。

非歯原性歯痛は、2014年から国家試験の出題範囲に含まれるようになっため、現役の歯科医でも、それを知らない人がいらっしゃるのだそうです。だから、歯科医に行っても「原因不明」とされたり、場合によっては歯や神経を抜くなど不要な治療が行われたりした挙げ句、痛みが治まらず長いこと苦しむ方も、これまでは少なくなかったのだとか…

 

非歯原性歯痛とは歯が原因ではないとすれば、どこに問題があると言われているかと言うと、いちばん多いのは、口の中の筋肉や筋膜の緊張から来るものと考えられています。緊張を引き起こす原因は、無意識に行っている『噛みしめ』噛みしめというと、グッと歯を食いしばるイメージかもしれませんが、実は上下の歯が触れた時点で、噛みしめの問題が起こってしまいます。

そもそも上下の歯は、正常な状態であれば、唇を閉じているときでも2~3mmの隙間がある。通常、上下の歯が接触するのは、物を噛むときや言葉を発するときだけで、1日に合計で十数分程度と言われていますが、骨格のずれや歯並び、噛み合わせ、強いストレスなどによって、上下の歯が持続的に接触している状態「TCH」になると、本人が思っている以上に多大な力が、歯や顎、側頭部や首、背中の筋肉にほぼ無自覚にかかり続けるこの状態が慢性的に続くことで、歯や顎に痛みや違和感をもたらします。

噛みしめが原因の歯の痛みは、朝の寝起きのときに多く、口が開きにくくなる症状が出ることや、噛みしめ癖が、偏頭痛や肩凝りにつながることも…

本人は無意識にしていることでもあり日常の動作での無意識下での癖(悪癖)なので矯正するのはとても難しいです。しかし、症状を緩和できる方法はあるのだそうです。それは血流を良くして筋肉を緩めることなのだそうです。偏頭痛や肩凝りにも効果が期待できるそうです!それが耳回し。すごいですね!耳回し!!80B5AC4F-8514-4F16-8D9C-EB3291A6A3E9

 

 

慢性的な歯痛に試してみたい「耳回し」

 

 

①椅子に腰かけてリラックスし、両耳の耳たぶを左右の手の親指と人差し指で軽くつまむ。

②両耳の耳たぶを同時に時計回りに回す。上や下に引っ張るのでなく、大きく円を描くようにするのがコツ。ゴリゴリ、カチカチといった音が聞こえたり、痛みがあったりする場合、無理のない範囲で回す。1秒に1回転くらいの速さで、大きく回す。1回30秒程度が目安。

③慣れてきたら、回す早さを速くしたり、遅くしたり変えてみるのもいい。反時計回りや、耳の上部や真ん中を持って回すのも効果的。

虫歯でもないのに慢性的な歯痛に悩まされている人は、ぜひ試してほしい。

http://healthpress.jp/i/2018/05/post-3603_entry_2.html

あなたのお口の不快な症状は一体何なのでしょうか?

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

金属と身体

2019.04.7   カテゴリ:MFのこと, お口の中について

こんにちは。千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの濱田です。

最近はやっと寒さが和らぎ過ごしやすくなってきましたね☺︎我が家では寒さで片づけられずにいた、コタツ布団をようやくしまう事ができました(*^^*)

 

今回はお口の中の金属と身体の関わりについて少しお話ししたいと思います。

 

歯の修復として用いられるいわゆる銀歯。銀歯といっても、もちろん銀のみで作られているわけではなく、合金で、歯科用金属には様々な種類の金属が使用されています。

主成分の金、銀、プラチナ、パラジウム以外に合金として微量加えられる金属は、銅、亜鉛、錫、鉄、インジウム、イリジウム、レニウム、ルテニウム、ガリウム、ゲルマニウム、アルミニウムなど多くの種類が含まれています。

 

ガルバニック電流

口の中の金属が、唾液を介して微弱な電流を発生させる事があります。人の身体は脳から微弱な電流で指令を受け正常に機能しますが、ガルバニック電流で指令が正常に伝わらなくなり、不眠やイライラを引き起こす可能性があると言われています。

61255DFE-A1FF-4F9A-B1B5-C1EA3593F366

金属アレルギー

口の中で金属は、熱や酸、ガルバニック電流など過酷な環境下の中、少しずつイオン化し溶け出します。それが体内に吸収、蓄積されるとアレルゲンとなり、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

 

メタルタトゥー

金属アレルギーを起こす過程のように、溶け出した金属で歯ぐきの色が黒くなる、メタルタトゥーといわれる状態を起こす場合があります。

 

その他には、金属は常に帯電=静電気が周りにある状態にある事で、プラークを引き寄せやすいと言われています。

 

金属は食品にも含まれており、他の栄養素のように必要とするものもあります。金属=身体に害があるという事ではなく、過剰に摂取することで身体に影響を及ぼす事があると考えられます。

 

94633DFC-D8EF-439A-AFCD-481661D9FA2F

人それぞれどのような影響があるかは、採血等、検査が必要ですが、金属が見た目だけの問題ではないという事。意外な影響があるという事を今回はお伝えしたいと思いました。

 

これを機会に興味をお持ちいただければ幸いです。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2‐10‐2MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

ボトックス治療

2019.03.24   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, スタッフ

皆さまこんにちは(・`◡´・)ゝ

千葉県千葉市中央区新宿にある

MFデンタルクリニックの小此木です♫

少しずつ暖かくなり、桜も咲き始めましたね!

桜の花言葉は「精神の美」「優雅な女性」

私も桜のようになれるよう頑張りたいと思います!(笑) A5923C99-F844-4B12-B334-6373D2E1EA8A

さて、今回は今美容でも注目を浴びていて、

MFデンタルクリニックでも取り入れはじめました

「ボトックス治療」についてのお話をしようと思います。

歯茎の鈍い痛みや寝ているときの歯ぎしり、

歯のすり減りによるかみ合わせの不具合など、

歯や歯茎に痛みがなくても、歯やお口の不調は全身に

さまざまな悪影響を与えます。 特に歯ぎしりや歯のすり減りは、

噛む力が強すぎることが 原因であることが多いようです。

また、なかなか治らない出血や 歯ぐきの腫れ、入れ歯の不調など、

これらは咬筋が 原因のことが多くみられます。

皆さまはこんな症状はありませんか??

 

.

MFデンタルクリニックでは、

歯を食いしばる力を 弱める方法として、ボトックス注射を

推奨しています。 美容に近いイメージの

ボツリヌストキシン治療ですが、 歯科治療の一環として行われており、

パフォーマンスを 気にする男性ビジネスマンにも行われています。

 

.

.

『ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)とは?』

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出される

タンパク質の一種で神経に作用し、筋肉の働きを柔らかく

緩めた状態にする作用を持ちます。 ボツリヌストキシン注射は

この作用を利用して行うもので、 簡単に言えば注射した部分を

働かないようにする事で、 強すぎる筋肉を緩め食いしばり

歯ぎしり・顎関節症を 改善するという効果を得ることが出来ます。 0C304311-C2AD-4A18-8BFA-8CA862D0E9AE

 

.

.

『歯科におけるボトックス治療のメリット』

顎関節症などの緩和 以前はマウスピースが必要で、

日常生活が不便でした。咬筋の働きを弱めることにより、

顎関節に 負担をかけず簡単で楽に治療できます。

口周りのシワ改善 筋力を弱めることで口元のほうれい線を

目立たなくさせ、顎の梅干しシワや口周りのシワを

解消する効果もあります。エラの改善 咬筋が強く緊張することで

大きくせり出し目立つエラを、ボツリヌストキシン注射により

緊張を緩 和し解消することができます。

(その他副次的効果) 咬筋の緊張緩和による肩こり・頭痛の改善、

小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止など

.

『強い噛みしめにはボトックス注射』

強いかみしめには、顎まわりの筋肉(咬筋)が大きく影響しています。

噛む力を弱くするには、咬筋の緊張をほぐす必要がありますが、

「噛む」という行為は無意識で行われているため、

自力で弱くすることはなかなかできません。 そこで、咬筋の

緊張ほぐすためには、医療分野で 幅広く使われる

ボトックス注射治療が有効になります。 近年では、

美容の分野で使われる機会の多い 「ボトックス注射」ですが、

医療の世界では 幅広い分野で利用されています。

例えば、脳卒中の後遺症による痙縮や痙攣、 眼瞼痙攣や

顔面痙攣など、無意識に起こる 筋肉の痙縮や痙攣に用いられています。

人は、ここ一番の場面で力を発揮したいとき、歯を食いしばります。

ストレスの多い現代社会では常に緊張状態で、 無意識のうちに

歯を食いしばっている状況が非常に多いのです。

全身の不調につながる過度な食いしばりは、 現代社会と

切り離せない症状と言えます。 お口回りに限らず

全身の不調が治らないというお悩みのある方は、

以下の項目をチェックしてみてください。

.

★お口周りのセルフチェック

お口周りで気になること・お悩みのことはありませんか?

あてはまるものがあれば、是非一度ご相談ください。

《口腔内》

• 前歯がすり減っている

• 奥歯の噛み合わせる面の凸凹がなくなっている

•歯にはヒビや縦に線が入っている

•歯茎に固いコブ(骨隆起)がある

•歯肉が腫れる、出血する

•口臭が気になる

•歯周病や歯槽膿漏が進んでいる

• 入れ歯で固いものを咬むと痛い

• 入れた銀歯がとれる

• 差し歯がはずれる

• 根の治療がなかなか治らない又は再発する

《お口まわり》

• 普段から口で呼吸をしている

• 口角が下がって、への字口になっている

• えらが張っている、頬が丸く見える

• ほうれい線が気になる

• マリオネットライン(口角から下に伸びる2本のライン)が気になる

• 鼻の下と上唇の間の縦じわが気になる

《全身の不調》

• 慢性的な頭痛や肩こりがある

• 寝ているときに歯ぎしりをよくする

• 寝ているときにいびきをよくかくと言われる

• しっかり寝ても寝不足な気がする

• ストレスを多く抱えている

上の症状の他、毎日何気なくしていることや、

そのままにしてしまっている虫歯などが

歯や顎に負担をかけているかもしれません。

B8C3E233-DB5B-44FA-872B-33994EA9B3F3

私も先日このボトックス治療を受けました!

実は食いしばりが強く自覚症状が前からありました。

「顔に注射は怖い」「生活に支障が出そう」などなど

心配される方も多いかと思います。

私自身も治療前はビクビクでした(笑) ですが、

やってみたらあっという間に終わり、話すことも食べることも

今までと何の違いもありませんでした!

心配ばかりでしたが、効果はすぐに感じました。

見た目はまだそこまでわかりませんが、触ればまず柔らかい、

食いしばりが凄かったのに全然歯の負担が朝起きて違うと

実感できました!(⍢)また、肩こりが自分の感覚ですが

減ったように感じます。まだ治療してから2週間足らずで

ここまでの効果…すごいです!!!

ちなみに、3ヶ月~6ヶ月程度効果があるようです。

定期的に注射をすることでより持続します。

.

.

ぜひ悩んでいる方、興味のある方は

詳しくはMFデンタルクリニックへ( `・∀・)ノ

今週も皆さまにとって良い1週間になりますように☆

260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

043-247-1021  MFデンタルクリニック

噛む事と健康長寿

2019.03.17   カテゴリ:お口の中について

こんにちは 千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック今村です。

この時期 花粉症の方にはつらい季節でしょうね!

また気温差で体調を崩してはいませんか?

暖かく過ごしやすい気候になるのが待ち遠しいこの頃です。

さて今回は噛む事についてお話します。

 

生き生き長寿は”噛むこと”にあり

昔の食べ物には、硬いものから軟らかいものまで歯応えにバリエーションがあったため

よく噛んで食べていました。

しかし今は、歯応えのある食べ物が減ってしまっています。

だからこそ今、噛むことを意識したいものです。

よく噛んで元気な脳をつくる(脳の活性化)

噛むと運動野や感覚野をはじめ、運動プログラムをつくる補足運動野、

運動や感覚を中継する視床、運動の学習や記憶に関わる小脳などの活性化が起こります。

脳の前頭前野は人間たる所以の「知」「情」「意」と深く関わっている領域です。

具体的に挙げると、考える、コミュニケーション(対話)をとる、意思を決定する、

喜怒哀楽を制御する、意識や注意を集中させる、意欲を出すなどで、

もっとも知的で論理的な機能が局在しています。

よく噛むと多くの情報が脳に伝わる(記憶力のアップ)

私たちが取り入れる情報は五感情報です。

食べ物を噛むと唾液と混ざり合って味が出ます(味覚)臭いもします(嗅覚

また、口の中には食べ物の温かさ、冷たさ、硬さ、やわらかさ、舌ざわりなどの感覚を受け入れる

感覚受容器が存在しています(体性感覚

食べ物を噛んでいるときには音がします(聴覚

さらに食べる際には必ず眼を使います(視覚

つまり、噛むことは、五感情報を一挙に、かつ同時に脳に取り込むことができる唯一の方法なのです。

五感から得たさまざまな情報は大脳に伝わり、さらに海馬(かいば)という場所に送られ

短期記憶として一時的に保存されます。

IMG-4094

高齢者ほど活性化し、記憶力も向上しました。

年をとると海馬が萎縮し(小さくなり)、機能が衰えて記憶力が低下しますが

よく噛むことで海馬を活性化します。        噛むこと研究室より

 

健康長寿をめざし良く噛む為には お口の健康が大切です。

まずは 定期的な歯科健診を・・・

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
1 2 3 4 5 11

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ