TOP > ブログ

ブログ

ボトックス治療

2019.03.24   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, スタッフ

皆さまこんにちは(・`◡´・)ゝ

千葉県千葉市中央区新宿にある

MFデンタルクリニックの小此木です♫

少しずつ暖かくなり、桜も咲き始めましたね!

桜の花言葉は「精神の美」「優雅な女性」

私も桜のようになれるよう頑張りたいと思います!(笑) A5923C99-F844-4B12-B334-6373D2E1EA8A

さて、今回は今美容でも注目を浴びていて、

MFデンタルクリニックでも取り入れはじめました

「ボトックス治療」についてのお話をしようと思います。

歯茎の鈍い痛みや寝ているときの歯ぎしり、

歯のすり減りによるかみ合わせの不具合など、

歯や歯茎に痛みがなくても、歯やお口の不調は全身に

さまざまな悪影響を与えます。 特に歯ぎしりや歯のすり減りは、

噛む力が強すぎることが 原因であることが多いようです。

また、なかなか治らない出血や 歯ぐきの腫れ、入れ歯の不調など、

これらは咬筋が 原因のことが多くみられます。

皆さまはこんな症状はありませんか??

 

.

MFデンタルクリニックでは、

歯を食いしばる力を 弱める方法として、ボトックス注射を

推奨しています。 美容に近いイメージの

ボツリヌストキシン治療ですが、 歯科治療の一環として行われており、

パフォーマンスを 気にする男性ビジネスマンにも行われています。

 

.

.

『ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)とは?』

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出される

タンパク質の一種で神経に作用し、筋肉の働きを柔らかく

緩めた状態にする作用を持ちます。 ボツリヌストキシン注射は

この作用を利用して行うもので、 簡単に言えば注射した部分を

働かないようにする事で、 強すぎる筋肉を緩め食いしばり

歯ぎしり・顎関節症を 改善するという効果を得ることが出来ます。 0C304311-C2AD-4A18-8BFA-8CA862D0E9AE

 

.

.

『歯科におけるボトックス治療のメリット』

顎関節症などの緩和 以前はマウスピースが必要で、

日常生活が不便でした。咬筋の働きを弱めることにより、

顎関節に 負担をかけず簡単で楽に治療できます。

口周りのシワ改善 筋力を弱めることで口元のほうれい線を

目立たなくさせ、顎の梅干しシワや口周りのシワを

解消する効果もあります。エラの改善 咬筋が強く緊張することで

大きくせり出し目立つエラを、ボツリヌストキシン注射により

緊張を緩 和し解消することができます。

(その他副次的効果) 咬筋の緊張緩和による肩こり・頭痛の改善、

小顔効果、詰め物・かぶせ物の脱落防止など

.

『強い噛みしめにはボトックス注射』

強いかみしめには、顎まわりの筋肉(咬筋)が大きく影響しています。

噛む力を弱くするには、咬筋の緊張をほぐす必要がありますが、

「噛む」という行為は無意識で行われているため、

自力で弱くすることはなかなかできません。 そこで、咬筋の

緊張ほぐすためには、医療分野で 幅広く使われる

ボトックス注射治療が有効になります。 近年では、

美容の分野で使われる機会の多い 「ボトックス注射」ですが、

医療の世界では 幅広い分野で利用されています。

例えば、脳卒中の後遺症による痙縮や痙攣、 眼瞼痙攣や

顔面痙攣など、無意識に起こる 筋肉の痙縮や痙攣に用いられています。

人は、ここ一番の場面で力を発揮したいとき、歯を食いしばります。

ストレスの多い現代社会では常に緊張状態で、 無意識のうちに

歯を食いしばっている状況が非常に多いのです。

全身の不調につながる過度な食いしばりは、 現代社会と

切り離せない症状と言えます。 お口回りに限らず

全身の不調が治らないというお悩みのある方は、

以下の項目をチェックしてみてください。

.

★お口周りのセルフチェック

お口周りで気になること・お悩みのことはありませんか?

あてはまるものがあれば、是非一度ご相談ください。

《口腔内》

• 前歯がすり減っている

• 奥歯の噛み合わせる面の凸凹がなくなっている

•歯にはヒビや縦に線が入っている

•歯茎に固いコブ(骨隆起)がある

•歯肉が腫れる、出血する

•口臭が気になる

•歯周病や歯槽膿漏が進んでいる

• 入れ歯で固いものを咬むと痛い

• 入れた銀歯がとれる

• 差し歯がはずれる

• 根の治療がなかなか治らない又は再発する

《お口まわり》

• 普段から口で呼吸をしている

• 口角が下がって、への字口になっている

• えらが張っている、頬が丸く見える

• ほうれい線が気になる

• マリオネットライン(口角から下に伸びる2本のライン)が気になる

• 鼻の下と上唇の間の縦じわが気になる

《全身の不調》

• 慢性的な頭痛や肩こりがある

• 寝ているときに歯ぎしりをよくする

• 寝ているときにいびきをよくかくと言われる

• しっかり寝ても寝不足な気がする

• ストレスを多く抱えている

上の症状の他、毎日何気なくしていることや、

そのままにしてしまっている虫歯などが

歯や顎に負担をかけているかもしれません。

B8C3E233-DB5B-44FA-872B-33994EA9B3F3

私も先日このボトックス治療を受けました!

実は食いしばりが強く自覚症状が前からありました。

「顔に注射は怖い」「生活に支障が出そう」などなど

心配される方も多いかと思います。

私自身も治療前はビクビクでした(笑) ですが、

やってみたらあっという間に終わり、話すことも食べることも

今までと何の違いもありませんでした!

心配ばかりでしたが、効果はすぐに感じました。

見た目はまだそこまでわかりませんが、触ればまず柔らかい、

食いしばりが凄かったのに全然歯の負担が朝起きて違うと

実感できました!(⍢)また、肩こりが自分の感覚ですが

減ったように感じます。まだ治療してから2週間足らずで

ここまでの効果…すごいです!!!

ちなみに、3ヶ月~6ヶ月程度効果があるようです。

定期的に注射をすることでより持続します。

.

.

ぜひ悩んでいる方、興味のある方は

詳しくはMFデンタルクリニックへ( `・∀・)ノ

今週も皆さまにとって良い1週間になりますように☆

260-0021 千葉県千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

043-247-1021  MFデンタルクリニック

噛む事と健康長寿

2019.03.17   カテゴリ:お口の中について

こんにちは 千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック今村です。

この時期 花粉症の方にはつらい季節でしょうね!

また気温差で体調を崩してはいませんか?

暖かく過ごしやすい気候になるのが待ち遠しいこの頃です。

さて今回は噛む事についてお話します。

 

生き生き長寿は”噛むこと”にあり

昔の食べ物には、硬いものから軟らかいものまで歯応えにバリエーションがあったため

よく噛んで食べていました。

しかし今は、歯応えのある食べ物が減ってしまっています。

だからこそ今、噛むことを意識したいものです。

よく噛んで元気な脳をつくる(脳の活性化)

噛むと運動野や感覚野をはじめ、運動プログラムをつくる補足運動野、

運動や感覚を中継する視床、運動の学習や記憶に関わる小脳などの活性化が起こります。

脳の前頭前野は人間たる所以の「知」「情」「意」と深く関わっている領域です。

具体的に挙げると、考える、コミュニケーション(対話)をとる、意思を決定する、

喜怒哀楽を制御する、意識や注意を集中させる、意欲を出すなどで、

もっとも知的で論理的な機能が局在しています。

よく噛むと多くの情報が脳に伝わる(記憶力のアップ)

私たちが取り入れる情報は五感情報です。

食べ物を噛むと唾液と混ざり合って味が出ます(味覚)臭いもします(嗅覚

また、口の中には食べ物の温かさ、冷たさ、硬さ、やわらかさ、舌ざわりなどの感覚を受け入れる

感覚受容器が存在しています(体性感覚

食べ物を噛んでいるときには音がします(聴覚

さらに食べる際には必ず眼を使います(視覚

つまり、噛むことは、五感情報を一挙に、かつ同時に脳に取り込むことができる唯一の方法なのです。

五感から得たさまざまな情報は大脳に伝わり、さらに海馬(かいば)という場所に送られ

短期記憶として一時的に保存されます。

IMG-4094

高齢者ほど活性化し、記憶力も向上しました。

年をとると海馬が萎縮し(小さくなり)、機能が衰えて記憶力が低下しますが

よく噛むことで海馬を活性化します。        噛むこと研究室より

 

健康長寿をめざし良く噛む為には お口の健康が大切です。

まずは 定期的な歯科健診を・・・

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

キッズデンタルパーク

2019.03.3   カテゴリ:お口の中について, セミナー, 歯科治療

みなさんこんにちは。
千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック的場です。
昨年11月からこちらに入りましたが、ブログは初投稿となります。
これからよろしくお願いいたします!

 

さて3月に入り、少し寒さが和らいできましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。
花粉も気になる時期となってきました。
私は花粉症ではないのですが、大人でも発症する方はたくさんいらっしゃいますので、油断大敵ですね。

 

本日は医院はお休みですが、セミナーに参加してまいりました。

 

みなさん、「キッズデンタルパーク」を耳にしたことはありますか?

 

キッズデンタルパークとは、予防教育を主として、子どもたちのお口の健康を守る、子ども向けの歯科医院です。

 

子どもたちが楽しめるよう、待合スペースはアスレチックのようになっており、カラフルで子供の身長にあわせた内装が特徴です。
また、歌や音楽に合わせてお子様が楽しく学べるようなプログラムもあります。
そして、重要なのが、子どもたちが自ら口腔内の健康を管理できるように工夫されているということです。

 

ここに通うお子様たちは、自分から進んで診療台にのって、リラックスした状態で診療を受けていると知り、とても驚きました。

遊びながら、学べて、さらに自立もできる、それがキッズデンタルパークです。

 

実は以前に、本日ご講演なされた先生の医院を見学させていただき、実際にキッズデンタルパークを見たことがあるのですが、入った瞬間から歯科に来たことを忘れるような、大人でもわくわくする内観です。

カラフルで、迷路のように部屋と部屋がつながっており、名物(?)のすべり台もあるため、まさに「パーク」といえる空間になっています。

 

1551602503921

 

子どものうちから、予防意識をつけることは、生涯の健康維持にもつながります。

また、歯医者さんに来るお子様は怖がる子も多いので、少しでも楽しめる工夫は大切ですね。

 

〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
043-247-1021

歯周病の原因は?

2019.02.24   カテゴリ:お口の中について, ご連絡, 未分類

こんにちは、千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。寒さの厳しい今日この頃ですが花粉も飛散が始まるこの季節。まだまだインフルエンザにも気をつけなくてはいけないこの時期、体調崩さないように気をつけて乗り切りましょう…

今回は歯の無くなってしまう第1の原因お口の細菌トラブルの1つ、歯周病について。

歯周病の一番の原因は歯周病菌。実はこれだけではありません。なりやすさ、悪化のしやすさには患者さんの免疫力(歯周病菌を抑えるからだの力)、生活環境などが影響しています。例えば、心理的ストレスや睡眠不足でからだが疲れ、免疫力が低下すると、歯周病が急速に悪化することがあります。

7C77B048-4BE7-48BA-BB93-E91C97933C81

歯周病の処置は虫歯の治療と異なり絶えず歯周病菌のコントロールが必要になるのと自身の免疫、抵抗力の維持、そして今回お伝えする噛み合わせがとても大切なのです。

 

 

 

正しい噛み合わせを

 

歯周病対策の一つとして不可欠なのが「噛み合わせの調整。噛む力がアンバランスだと骨へのダメージ(咬合性外傷)が生じ、そこから菌が増殖、重篤化することもありますが、咬合調整で歯周病の進行を抑えることもあります。インプラント治療をされている患者さんはインプラントの歯で長く維持していくには特に噛み合わせをきちんと定期的に確認しておく必要があります。ブラッシング指導による適切なケアと日々のチェック、そして噛み合わせ調整など定期的なチェックを組み合わせを継続的に診ていかなくては定期的に歯医者さんに来て汚れ(歯石、着色)を取り除くだけでは歯の健康な状態での維持は実は難しいのです。そして虫歯のように痛みや違和感が出ることが初期の歯周病ではほとんど自覚症状はなく、日常生活には支障は出にくい疾患ということもあります。だから成人の8割以上が歯周病に罹患しているという現実があるのですね。

 

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

インフルエンザの季節です

2019.01.20   カテゴリ:お口の中について, インフルエンザ, 未分類

こんにちは 千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

お天気続きで空気も乾燥し毎日寒い日が続いていますが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

年末からインフルエンザが流行し始めて子供たちの学校でも学級閉鎖の話をちらほら耳にします。

こんな季節だからこそ 感染しない、させないインフルエンザ対策が大切ですね!

 

インフルエンザ対策の基本

 

1.流行前に、インフルエンザワクチンを接種しましょう。

2.うがい、手洗いをこまめにしましょう。

3.咳エチケットを行いましょう。

4.室内に適度な湿度調節(50~60%)を行いましょう。

5.人混みや繁華街への外出を控えましょう。

6.十分な休養、バランスの良い食事をしましょう。

 

加えて大切なのが口腔ケアです。

歯周病菌はインフルエンザ感染を重症化させます

 

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。

また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できない為 口腔内を不潔にしておくと

インフルエンザ感染を助長します。

特に免疫力の弱い高齢者はインフルエンザが重症化する可能性があります。

毎日の口腔ケアで口腔内の細菌を減らすことがインフルエンザ予防につながります。

口腔細菌は歯の表面だけなく、舌の上、咽頭などの粘膜にも多く存在します。

IMG_3340  日本口腔保健協会より

1.歯磨き

歯ブラシや歯間ブラシ・ワンタフトブラシ・フロスなどを使い物理的に歯垢(プラーク)

を取り除く

2.舌磨き

舌磨きの専用ブラシがありますが 優しく力の加減をしながら歯磨きのブラシで最後に

舌磨いてもよいでしょう。

3.マウスウォッシュ

マウスウォッシュでプラークを取り除く事は出来ませんが 殺菌効果が期待できるので

洗口剤を使ってのうがいをしましょう。

4.唾液腺マッサージ

万が一ウイルスがお口やのどに入っても、身体が持つ防御機能がきちんと働いていれば

インフルエンザの発症を防ぐ事も出来るのです。

なぜなら、お口やのどには唾液による「清浄作用」「粘膜保護作用」「抗菌作用」などの

防御機能があるため。

逆に、お口の中が乾燥して唾液の量が減ると、ウイルスに感染しやすく

なってしまうのです。

バランスよく唾液を出すためには、唾液腺マッサージがおすすめです。

IMG_3347  Club Sunstarより

この季節を元気に過ごす為にこのような事に気を付けながら

マスク着用で乗り越えましょう。

 

 

〒260-0021

   千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
    043-247-1021
    医療法人社団ともしび会
    MFデンタルクリニック

 

1 2 3 4 5 10

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ