TOP > ブログ

ブログ

Valentineにはキシリトールチョコ♡

2020.02.2   カテゴリ:MFのこと, イベント, 歯科治療

こんにちは!千葉市中央区MFデンタルクリニックの御代出です。

患者様の体調不良も増えてきた今日この頃…。みなさん体調は大丈夫ですか?手洗いうがいが大事ですね!外ではマスクなどで対策しましょう!

さて、2月はバレンタインですね♪

昨年同様、今ならもれなくチョコさしあげます!

14日までの期間限定で、来院された患者様にお配りしてます♪

もちろん、歯医者さんのチョコなので、キシリトール配合の砂糖不使用ですよ♪普段も受付横で販売しているチョコなのです♡

F758DBC7-975A-4D64-A295-0E87EED6A40C 80FA7D3F-3FA3-4914-9603-61E7E1B2D3C8

元々は、「子どもたちの大好きなチョコレートで楽しくむし歯を予防したい」と願う歯科医師の発案で生まれたそうです♪「むし歯になるからチョコは食べちゃダメ」とよく言われますよね。それを逆手にとって「チョコを食べてもむし歯が予防できるようにしよう」という発想なんです。

実際にチョコに含まれるカカオはリラックス効果やダイエット効果があり、認知症にも有効だと言われていますよ。実はチョコレートの中でむし歯を作る原因となっているのは砂糖。そこで、砂糖をまったく使わず、甘味料を100%キシリトールにすることで、虫歯予防のチョコレートが生まれたそうです!

 

ただ、歯磨きやうがいなど、定期的な歯科検診は欠かせません。このチョコは、皆さんが毎日おこなっている歯みがきにプラスして、楽しみながらむし歯予防を考えてもらうチョコなのです♪

寝る前の歯ブラシ後などに、お口の中でゆっくり溶かしながら食べるようにしてください。

ぜひご賞味あれ♡

 

千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

MFデンタルクリニック

043-247-1021

ラグビーワールドカップ

2019.10.21   カテゴリ:休暇の過ごし方, 歯科治療

こんにちは。
千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニックの的場です。
台風が去ってから急に気温が下がりましたね。
皆様、体調は大丈夫でしょうか。
さて、日本を湧かせたラグビー日本代表
通称「ブレイブ・ブロッサムズ」ですが、
南アフリカとの戦いに敗れベスト4進出はなりませんでした。
しかし、4年前のワールドカップから更にパワーアップしたジャパンは、プール戦全勝という素晴らしい歴史を作ってくれました!
m-2019-japan-003
ラグビーのルールは細かく、初めはよくわからないという方が多いです。
というのも基本的にアメフトのように防具はつけず、自分の身1つで戦うからです。
選手の身を守るため、様々なルールやペナルティがあり、毎年のように少しずつ変更があります。
しかし、防具をつけないラグビーでも、歯や口を守るマウスピースはほとんどの選手がつけています。
試合を見ていた方は、選手がよくマウスピースを外したり、つけたりしている様子が映っていたのにお気づきでしたか?
ラグビーは激しく相手とぶつかる為、マウスピースをしないと、歯が欠けたり折れたり、口の中を怪我してしまいます。
通常のマウスピースよりも厚みがあり、頑丈な素材で作られます。
私は大学時代にラグビー部のマネージャーをしていましたが、あごの骨の怪我や、歯が欠ける選手を何人も見てきました。
歯が欠けるだけでなく、強い力で食いしばることで歯がすり減ることにも繋がります。
かといって、食いしばることで力が出たり、身体が安定するので、食いしばるなと言うのは難しいんですね。
ラグビーだけでなく、スポーツと歯は意外と繋がっているところもあり、歯を守ることはスポーツのパフォーマンス向上に関係してきます。
特にスポーツをされている方は、より一層歯にも意識を向けて見てください!
管理栄養士 的場
〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
043-247-1021

唾液の作用

2019.05.26   カテゴリ:お口の中について, 歯科治療

こんにちは。千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの濱田です。

先日、あるテレビ番組の中で、唾液の分泌量について日本人は欧米人に比べて圧倒的に少ないといった内容が放送されていました。へぇーそうなのか!と思ったものの、私がインターネットや参考書などで検索した範囲では正確な統計等の資料は見つかりませんでした。(日本人は欧米人に比べ3分の1と書かれている方もいましたが)

 

日本人と欧米人では、食生活の違いはもちろん、頭蓋骨の形の違いや汗腺の数の違い、赤血球の数の差から平均体温の違いまであると言われているので、分泌量の違いもあるかもしれません。そういう説がある。程度に覚えておこうと思いました(^^)

 

嬉しいことに、世間でも歯科への関心も高まっているようで、お口に関する情報がメディアで取り上げられる機会も多くなっているように感じます。間違いとまではいきませんが、詳しい説明が省かれている事で誤解を招きそうな表現や過剰な報道も少なくないという印象を個人的には受けます。自分に必要な情報を取捨選択して、暮らしに役立てていきたいですね。

 

そんな話で、今回は【唾液】について知識を深めていただけたらと思います☆

唾液は99.5%が水分です。唾液のpH(ペーハー)は平均6.8(中性に近い弱酸性)ですが、唾液の量が多いほどpHは高くなります。残り0,5%に含まれる成分には以下のものがあります。

 

  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • 塩化物
  • 炭酸水素塩
  • 無機リン酸
  • マグネシウム
  • リン酸ナトリウム
  • ディフェンシン
  • グロブリン
  • ヒスタチオン
  • リゾチウム
  • ラクトフェリン
  • アミラーゼ
  • マルターゼ
  • その他

そして、唾液がお口の中にもたらす効果は以下のものがあります。

 

唾液作用

 

  1. 洗浄作用;食べかすなどを洗い流す。お口の中の食べ物や歯についた汚れを洗い流す作用があります。またお口の中の細菌などを洗い流し、胃に運び強酸性の胃酸で殺菌するという作用にも大きく貢献しています。
  2. 抗菌作用;プラーク(歯垢)の発生を抑える。お口は常に体外に晒されており、水や食べ物、歯面のプラークなどを介して、細菌が侵入してきます。唾液はそうした細菌の侵入を阻む作用も持っています。また唾液が減ると歯周病が進行しやすくなります。歯周病菌はもともと口の中に住んでいる細菌です。唾液によって細菌の数や割合がコントロールされています。唾液が減り、唾液の抗菌作用がなくなると毒性の強い歯周病菌がより多く繁殖しやすくなります。
  3. 円滑・保護・咀嚼補助作用:唾液の成分にムチンという粘性のタンパク質があります。食べ物を唾液で濡らし、喉を通りやすくする作用があります。また口の中の粘膜を潤し、声がよく出るよう発声を滑らかにしたり、食べ物や刺激から口の中が切れたりすることから、口腔粘膜を保護する作用を持ちます。
  4. 消化作用:ヒトは活動する際にエネルギー源としてブドウ糖を使用しています。ですが、ヒトの摂取している食事には、ブドウ糖としては食べ物の中に存在していません。ブドウ糖が結合しているでんぷんとして炭水化物の中に含まれているのです。でんぷんの状態ではヒトは体内に吸収する事ができないのですが、唾液の中の有機成分のアミラーゼという酵素によってブドウ糖に分解され体内に取り入れることが出きるのです。よく咬んで唾液を出して食事をしないと、消化し辛くなり、胃に負担をかけることになってしまいます。
  5. 再石灰化作用;一度溶けた歯の成分の再沈着をはかる.唾液の中にはリン酸やカルシウムなど歯には欠かせない多くのミネラル成分が含まれています。歯は食事のたびに溶かされミネラル成分が流れ出ます。唾液によってミネラル成分が歯に戻される再石灰化(さいせっかいか)が起こります。また、多くのミネラル成分が含まれる唾液は歯垢を歯石にします。
  6. 味覚作用;唾液は食べ物を分解することで、味覚を感じやすくさせます。これは、食べ物に含まれる味物質が、唾液の中に溶け込むためです。舌表面にある味蕾は、味物質への感受性が高い組織なので、唾液を介して様々な食品の味を見極めることができます。
  7. 緩衝作用;pHを元の状態に保とうとする。お口の中が酸性に傾くことで歯は溶け始めていきます。こうした酸性に傾いたお口の中の環境を中性に戻してくれる作用を緩衝作用と呼び、唾液がそれを担っています。

 

唾液の分泌量は1日1.0~1.5Lですが、安静時では1時間当り平均19mLであるのに対して、睡眠時には1時間当り平均2mLと少なくなります。つまり睡眠時は唾液の役割が期待できません。ぜひ就寝前のブラッシングを習慣づけましょう!

 

260-0021  千葉県千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

医療法人ともしび会MFデンタルクリニック

043-247-1021

 

引用:い~でんたるへるす・唾液の成分と歯の健康を保つ7つの作用

キッズデンタルパーク

2019.03.3   カテゴリ:お口の中について, セミナー, 歯科治療

みなさんこんにちは。
千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック的場です。
昨年11月からこちらに入りましたが、ブログは初投稿となります。
これからよろしくお願いいたします!

 

さて3月に入り、少し寒さが和らいできましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。
花粉も気になる時期となってきました。
私は花粉症ではないのですが、大人でも発症する方はたくさんいらっしゃいますので、油断大敵ですね。

 

本日は医院はお休みですが、セミナーに参加してまいりました。

 

みなさん、「キッズデンタルパーク」を耳にしたことはありますか?

 

キッズデンタルパークとは、予防教育を主として、子どもたちのお口の健康を守る、子ども向けの歯科医院です。

 

子どもたちが楽しめるよう、待合スペースはアスレチックのようになっており、カラフルで子供の身長にあわせた内装が特徴です。
また、歌や音楽に合わせてお子様が楽しく学べるようなプログラムもあります。
そして、重要なのが、子どもたちが自ら口腔内の健康を管理できるように工夫されているということです。

 

ここに通うお子様たちは、自分から進んで診療台にのって、リラックスした状態で診療を受けていると知り、とても驚きました。

遊びながら、学べて、さらに自立もできる、それがキッズデンタルパークです。

 

実は以前に、本日ご講演なされた先生の医院を見学させていただき、実際にキッズデンタルパークを見たことがあるのですが、入った瞬間から歯科に来たことを忘れるような、大人でもわくわくする内観です。

カラフルで、迷路のように部屋と部屋がつながっており、名物(?)のすべり台もあるため、まさに「パーク」といえる空間になっています。

 

1551602503921

 

子どものうちから、予防意識をつけることは、生涯の健康維持にもつながります。

また、歯医者さんに来るお子様は怖がる子も多いので、少しでも楽しめる工夫は大切ですね。

 

〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
043-247-1021

謹賀新年

2019.01.1   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, ご挨拶, イベント, スタッフ, セミナー, 休暇の過ごし方, 歯科治療, 見学

あけましておめでとうございます。

医療法人社団MFデンタルクリニック

理事長 保田 靖です。

昨年も患者様、スタッフ、歯科関係者、異業種の先輩方に並々ならぬご支援をいただき2019年という新しい年を迎えることができました。

今年もさらなる飛躍の年にしていきたいと考えておりますのでご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

さて1月1日は毎年私がブログを書かせていただいておりますが、今年も去年を振り返りながら今年の抱負を書かせていただきます。

昨年も多くの他医院、技工所の協力により見学をさせていただき当医院のレベルアップのチャンスをいただきました。ご協力頂いた医院の理事長、院長、社長へ感謝と御礼を申し上げます。

自分の小さい頭だけで考えられることは本当に少なく、稚拙な答えしか出ません。

いろいろな場所を見させていただくことで自分の医院に取り入れ、患者様にとってもスタッフにとっても、私自身にとってもとても良い歯科医院になってきていると思います。惜しげもなくすべてを見せてくれて教えてくれる人に恵まれとても幸せだと思います。

 

IMG_0332IMG_0181IMG_0480download_fileIMG_0743IMG_0747

 

また休診日はほぼセミナーに行かせていただきました。(診療のある日もセミナー出席のため急遽休診にさせていただいたこと、ご迷惑おかけしました)

セミナーと一括りにさせていただいておりますが経営からテクニック、知識、コミュニケーションから終末期の討論会。様々なものを学ばせていただきました。

47歳という年齢ではありますがまだまだ足りないことできてないこと、甘いところは多々あり日々学びの生活です。できの悪いこんな私を丁寧に親切にご指導して頂いている先生方、ありがとうございます。

ほんの一コマですが写真を載せておきます。

すべてのスタッフが勉強熱心で私と一緒にセミナーに参加してくれたり遠くの医院の見学に付き合ってくれたりと医院がまとまってくれてることが嬉しいです。

 

IMG_0436IMG_0730IMG_0546IMG_0687IMG_0722IMG_0240IMG_0268IMG_0606

 

と、スタッフの話を出したのでスタッフについて少しご紹介しようと思います。

前述しましたがとても勉強熱心で医院のために頑張ってくれるスタッフです。私のわがままな要求にも嫌な顔わしてもしっかりとやりきってくれます。また医院を良くするためには何が必要なのか?を私に意見してくれます。

自分自身では考えつかないところを指摘してくれるので感心します。やはり一人だけでは何もできないことを痛感している毎日です。

仕事の後の飲み会、ディズニーランドでの院外研修、バーベキュー、院内の大掃除、忘年会などなどただでさえ一日の殆どを一緒にいるのに、疲れているのに休みたいのにいつもわがままに付き合ってくれてありがとう。

もちろんセミナーも。今年もよろしくおねがいします。

 

IMG_0018IMG_0021IMG_0022IMG_0024IMG_0297IMG_0746IMG_0580IMG_0790

 

私の家族の写真も少し上げておきます。

ご存知の方も多いと思いますが私の家族は妻1人子供3人の5人家族です。しかも3人の子供は年子で中学1年2年3年生です。

このぐらいになると全員の予定を合わせることができず(私が殆ど家にいないことが大きな要因ですが)子供と二人ででかけたり、妻と二人で、子供3人に私で出かけることも多い一年でした。

毎年夏に企画している親子ふたり旅も長女と二人で初めての小笠原諸島に行ってきました。中3の娘なので最後のふたり旅になるのかな?などと思いながら台風のなか旅立ちました。

とても綺麗な自然いっぱいの小笠原諸島の思い出を忘れないでほしいと本気で思えた旅でした。

年末は妻がアキレス腱を切りギブス生活になってしまったため毎年恒例の大掃除は妻抜きの4人で本気で朝から夜中までガッツリ行いました。トータル4日以上かかりました。が、子どもたちの手助けもありとても綺麗な家で新年を迎えることができました。

妻もギブスをしながら仕分けから断捨離と、かなり無理してくれました。本当にきつい数日の大掃除、私に付き合ってくれてありがとうございました。

 

IMG_0028IMG_0117IMG_0398IMG_0407IMG_0322IMG_0482IMG_0773IMG_0766IMG_0789

 

 

と、去年を簡単に振り返ってみました。一年はあっという間ですがとても多くの出来事が起こっているのだと改めて思わされました。

 

今年の抱負を最後に少しだけ。

 

もっともっと笑顔で元気な場所にしていきたいです。みんなで取り組めがもっともっと進化できると思います。

また新たに去年から管理栄養士も医院の仲間に加わっています。患者さんの身体、健康を守るために栄養面からも今年からアプローチできるようにしていきたいと考えてます。

患者さんにももっともっと歯科に対して興味を持ってほしいですし、ご自分の大切な歯を守るのは自分自身しかいない。と、自覚してほしいです。

歯科医院がどんなに良くても語彙分の歯を作ることはできません。またこちら側だけが一生懸命でも御本人が治そうと思っていただけなければいつまで経っても削る治療しかできないのです。

削った分だけご自分の歯は減ってしまいます。

 

すべての人が歯に興味を持って治療をしないで済むような口腔内環境を患者さん、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、管理栄養士、他にも沢山巻き込んで一生素敵な笑顔でいられるような人たちになりましょう。

 

改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 

医療法人社団ともしび会MFデンタルクリニック

理事長 保田靖

 

 

1 2 3 4 5 6

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ