TOP > ブログ

ブログ

私の休日

2019.11.17   カテゴリ:休暇の過ごし方, 未分類

こんにちは千葉市中央区新宿MFデンタルクリニックの今村です。

 

 

朝晩と日中の寒暖差が激しい日が続いておりますが

 

皆様体調を崩されてはいませんか?

 

空気も乾燥しているようなので 風邪などお気をつけ下さいませ。

 

先日のお休みに友人と癒し旅に出かけてきました٩(๑>∀<๑)و

 

 

朝から夕方まで温泉や岩盤浴でゆっくりまったりと

 

時間も忘れて紅葉と秋空を眺めながらの露天風呂は最高の贅沢

 

ハンモックに座りながら本を読んだり おしゃべりを楽しんだり

 

 

普段からホットヨガで汗を流しているのですが 今回は岩盤浴も

 

35~40度位の中でただただ横たわり休む

 

じわじわと汗をかきながら頭の中を空っぽにしてリラックス

 

日常から離れての贅沢の時間に感謝しながら

 

お昼も揚げたての天ぷらとお蕎麦を頂きました。

 

言うまでもなく美味しくて 幸せな気持ちに

 

こんな時間を過している時は感謝の言葉やポジティブな考えしか

 

出てこないね〜と友人とまたまた笑顔に

 

家事や子育てそしてお仕事をしながらの毎日はバタバタと慌ただしく

 

時には母や妻でなく女子としてこんな自分だけの時間を持つことが

 

あっても良いな〜と改めて感じました( ᵕᴗᵕ )

 

 

私事の休日話でしたが 皆様も時にはこんな自分の為だけの時間を

 

過ごしてみるのもいかがでしょう。

A6B3DB4D-EBDC-419A-AF41-A528EFD12BE3

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2 MFビル2F

TEL 043-247-1021

医療法人社団会

MFデンタルクリニック

 

医院セミナー

2019.11.3   カテゴリ:MFのこと, セミナー, 未分類

みなさま、こんにちは。
千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの新井です。
11月に入り、今年もあと2ヶ月となりましたね。
最近は肌寒く感じることも多く、より一層季節の変わり目を感じます。

先日、MFデンタルクリニックでは株式会社ヨシダさんがお越し下さり、超音波歯ブラシ ハイドロソニックプロのセミナーをして下さいました!

ハイドロソニックプロとは…
可愛いデザインで有名なスイスの歯ブラシクラプロックスをブラシ部分に導入していて、
毛先もとても柔らい為、歯茎を痛めることなく歯周ポケットまで清掃できるのが特徴だそうです☆

また、ブラシヘッドにもこだわりがあるそうで
パワーブラシヘッド・センシティブヘッド・シングルブラシヘッドの3展開に、それぞれ角度がついていて、しっかりと歯面に当てられる構造になっていました!

実際にスタッフも体験したのですが、
振動が少なく、優しい磨き心地を実感しました。
振動が少なく感じるのは、
ブラシのヘッドの裏側を、シリコンでコーティングしている事で、電動歯ブラシ特有の嫌な振動を防いでいる様で、
特に女性の方や、インプラント・補綴物のある方にオススメみたいです。

今回はハイドロソニックプロについてご紹介しましたが、ご自宅でのセルフケアで、歯ブラシの選択はとても重要です。

電動歯ブラシだけでなく、歯ブラシでお悩みの方は是非お声かけくださいませ^^

7C649203-FCCF-404F-BEA1-516D86E9EC465BB8DA78-F542-4467-8CF1-291C5AE9BB03

歯科衛生士 新井

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

防災グッズに加えて欲しい物

2019.10.6   カテゴリ:お口の中について, 未分類, 災害対策

こんにちは 千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

先月の台風15号の被害は酷いものでしたね。

停電や断水を余儀なくされた方も多かったのでは・・・

我が家も停電でした。

改めて電気の有難さを感じました。

災害に対してきちんと備えているとは思いますが 今一度確認を!!

IMG-6556

防災グッズにも歯磨きセットをお忘れなく!

-緊急時のお口のケア方法

緊急時や災害などで避難したときには、長期間、普段とは違う環境で過ごすこともあるかもしれません。そんな非常事態のときのお口のケア方法をご紹介します。

お口のケアで健康を守る!

身の回りで大変なことが起きているという状態のとき、どうしても後回しにされがちなお口のケアですが、そんなときこそ体の健康を守るために歯とお口のケアをしていただきたいと思います。

お口はそのまま気管から肺へとつながっていますので、特に高齢者の方は口腔内が不衛生な状態になると、お口の中の細菌が気管から肺に誤って入りこみ、誤嚥性(ごえんせい)肺炎などを引き起こしやすくなりがちです。

お口のケアを欠かさないことによって虫歯や歯周病の予防だけでなく、このような肺炎や風邪、インフルエンザなどの呼吸器感染症の予防にも役立つといわれています。

だからこそ、防災グッズとして欠かせないひとつのものとして、できるだけ忘れないでほしいのが、口腔ケア用品なのです。

準備しておきたいケアグッズと緊急時のお口のケア方法

ただでさえ大変なときに、体調を崩してさらに大変な状況にならないよう、防災点検の際にぜひ加えていただきたいデンタルケアグッズと、緊急時のお口のケア方法を簡単にご紹介します。

■歯ブラシ

まず、少しでも水と歯ブラシがあれば、歯ブラシを少量の水で濡らして磨くことができます。

ブラシをウエットティッシュでふきとりながら磨くのも良いでしょう。

すすぐ水がなかったとしても、歯垢を除去する効果があるので歯を磨くことはとても大切です。そして水があれば、少量ずつ口に含んでしっかりブクブクうがいをします。一度に多くの水を含むのではなく、少しずつ口に含み、うがいの回数を増やしたほうがいいでしょう。

○歯ブラシがない場合は
ウエットティッシュやハンカチなどを指に巻きつけて、歯を拭って汚れをとりましょう。

IMG-6557

■デンタルリンス

デンタルリンスがあれば、水だけのうがいよりも口臭防止や汚れ除去に効果的ですので、使用するといいでしょう。

ただし、アルコール入りのものは、唾液の出にくい方が使用すると、お口の中が乾燥しやすくなる恐れがありますので注意が必要です。

ノンアルコールタイプの刺激の少ないものがおすすめです。

■シュガーレスガム

普段とは違う生活では、ストレスや水分不足により、唾液の分泌も減ってしまいがちです。気分転換をかねてガムを噛んだり、耳の下などの唾液腺のマッサージをしたり、マスクをつけて水分の蒸発を防いだりするのも有効です。

■入れ歯をご使用の方

入れ歯を清潔に保つのも、お口のケアとして、とても大切なことです。

入れ歯をお口に入れっぱなしにしていると、どんどん汚れがたまり、お口の中も不衛生な状態になってしまいます。

できれば1日に1度は外して洗いましょう。そのときに予備の入れ歯ケースがあると便利ですね。

 

このように災害時の大変な時ほど お口を清潔に保つ事が大切になってきます。

備えあれば憂いなしという事で皆様の防災グッズにオーラルケア用品も加えて頂きたいと思います。

 

 

 

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

災害への備えについて

2019.09.24   カテゴリ:未分類, 災害対策

こんにちは。

千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニックの保立です。

 

 

9月も半ばを過ぎ、秋の訪れを感じる日々がやってきました。

先週は台風15号の影響で、主に千葉県のライフラインや交通機関が大きく乱れました。現在も電気や水道のライフラインが復旧していない地域などがたくさんあります。

 

天災はいつどこで起きるか予想することが難しいので、日頃からの備えが大切になってくると強く感じました。

さて、今回は災害時の家庭でできる備えとして取り組むべき主な対策を6つご紹介したいと思います。(参考:首相官邸HP )

 

 

①家具の置き方、工夫していますか?

 

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。

大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

 

・家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう。

・寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。

・置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう。

・手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう。

 

 

②食料、飲料などの備蓄、十分ですか?

 

電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。

防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

 

【食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)】

・飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

・非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど

・トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

 

※大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

 

※飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

 

 

③非常用持ち出しバック準備できていますか?

 

自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。

非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

 

【非常用持ち出しバックの内容の例(人数分用意しましょう)】

・飲料水、食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

・ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手

・懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器

・衣類、下着、毛布、タオル

・洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ

・※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

 

8C01652A-A996-4721-A731-33A3E9571EFA

 

 

④安否確認法決まっていますか?

 

別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合もあります。その際には以下のサービスを利用しましょう。

 

【災害用伝言ダイヤル】

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話からご利用できます。

※携帯電話・PHSからもご利用できます。詳細は以下のページをご覧ください。

 

【災害用伝言板】

・携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます

 

⑤避難場所や避難経路確認していますか?

 

いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう!

 

※豪雨、津波、火山噴火など、災害の種類によって安全な避難場所が異なります。

それぞれの災害をイメージして、どのように行動すれば安全に避難できるか家族で考えてみましょう。

 

 

⑥もしものときの情報収集

 

東日本大震災直後、通信インフラ等が多大な被害を受ける中、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が情報伝達の手段として広く活用されました。

ここでは、災害時に役立つ政府の公式ツイッターアカウントをご紹介します。これを機にぜひ、フォローしておいてください。

また、電話やインターネットができなくなったり遅い場合は、スマートフォンや携帯電話のワンセグ機能でテレビ放送を見ることでも情報収集が可能です。ぜひあらかじめご自分の生活範囲でワンセグが受信可能かチェックしてみてください。

 

 

最後に、皆様が一日も早く元の生活に戻れるよう、心よりお祈り申し上げます。

 

 

管理栄養士保立

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

老化のサイン オーラルフレイル

2019.08.25   カテゴリ:お口の中について, 未分類

みなさんこんにちは千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

今年の夏は猛暑で体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?

まだ続く残暑 初秋への季節の変わり目 どうぞお体ご自愛ください。

 
さて今回は老化のサインとして注目される
“オーラルフレイル”についてお話します。

オーラルフレイルとは
歯や口の働きの『虚弱化』のこと
 
問題は口腔機能の低下です。

●硬い物が噛みにくくなった
●食べこぼしや軽いむせ
●滑舌の悪化
●お口の乾燥や口臭 など気になる事はありませんか?

加齢により噛む力が低下すると、食事がのどに詰まりやすくなり、またもし飲み込む力が衰えるとお茶や汁ものでむせやすくなります。
唾液の分泌が低下すると、虫歯、歯周病が進行し、口臭もひどくなります。

そこでオーラルフレイルを予防・改善する事が大切になります。

オーラルフレイルへの対策として 「セルフケア」でできることは大きく二つあります。

①口の中が清潔かどうかに関心を持つようにしましょう

歯を失うとオーラルフレイルになりやすくなります。
虫歯や歯周病から歯を守るには、口の中をいつも清潔に保つことが最も大切です。
歯周プラーク(歯垢)の除去には、適切なブラッシング(歯とハグキの間を磨く)とともに、「歯間ブラシ」などの活用がお勧めです。
また「デンタルリンス(洗口液)」や「液体歯磨き」なども上手に使って、日々の清掃に楽しくバリエーションをつけて取り組みましょう。
※歯石の除去などはセルフケアで対処することはできません。
歯や口を清潔に保つには、かかりつけの歯科医を持って、定期的に清掃と検診を受けるようにしてください。

②口腔機能を意識し、維持・改善に努めましょう

噛む、飲み込む、発声する、笑うといった動作は、唇や舌、口周辺の多くの筋肉がスムーズに働く必要があります。
「口と舌の体操」や「唾液腺マッサージ」などを行って、筋肉や唾液腺がしっかり働く健やかな口腔機能を維持しましょう。
本を声に出して読む、あるいはカラオケで元気に歌うなども有効な口の体操になると考えられています。

食べるための機能が正常かどうかを調べる口の動き

食べるための機能が正常かどうかは、パ、タ、カの発声で簡単にチェックすることができます。
「パ」…食べ物を口からこぼさない唇の働き
「タ」…上あごにしっかりくっつく舌の働き(食べ物を押しつぶす・飲み込む)
「カ」…誤嚥せずに食べ物を食道へと送る筋肉の働きがあるかどうか
連続して5秒間に何回発声できるかを調べますが、1秒間あたり6回以上発声できれば健全です。
これらは「滑舌」が低下していないかを調べるのにも有効です。

口の開閉と舌のストレッチ

①「ア」の発音のようにゆっく
 り大きく口を開けます。

②しっかり口を閉じて、口の両
 端に力を入れながら、舌を上
 あごに押し付けるようにして
 奥歯を噛みしめます。

舌のストレッチ

①口を大きく開けて、舌をでき
 るだけ出します。

②上唇を舌先で触ります。

③左右の口角(こうかく)を
 舌先で触ります。

口輪筋こうりんきんの運動

①頬をふくらませて、舌を上あ
 ごに押し付けて、口から息が
 漏れないようにこらえます。

②息を吸うように口をすぼめます。

*“口輪筋”は口の周りを取り囲んで
 いる筋肉で、口を開けたり閉じた
 りする時にはたらきます

パタカラ体操

「ラ」の発音は舌全体を上下にしっかり動かします。「パ」「タ」「カ」に「ラ」を加え、
●「パパパ、タタタ、カカカ、ラララ」そして
●「パタカラ、パタカラ、パタカラ・・」と続けて発音しましょう。
できるだけ大きな声で、はっきりと声を出すことで食べるための機能のトレーニングができます。

唾液腺マッサージ

唾液腺をやさしく刺激することで、唾液がたくさん出るようになり、食べ物が口の中でまとまり、飲み込みやすくなります。

唾液腺

耳下腺
耳の前、上の奥歯のあたり
顎下腺
あごの骨の内側のやわらかい部分
舌下腺
あごの先の内側舌の付け根

 
オーラルフレイルを予防し、口腔機能を健やかに保つことは、あなたの健康寿命を延ばすことにつながります。
日頃から歯と口の健康にもっと気を配り、いつまでも元気に過ごしましょう。

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

1 2 3 4 5 6 17

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ