TOP > ブログ

ブログ

金属アレルギー

2018.02.18   カテゴリ:お口の中について, 未分類, 歯科治療

こんにちはMFデンタルクリニックの今村です。

まだまだ寒い日も多く 春が待ち遠しいこの頃ですが

皆さま元気にお過ごしでしょうか?

 

今回は金属アレルギーについてお話しようと思います。

 

口の中の金属が溶け出して 知らない間に金属アレルギーを発症する人が増加して入る事を

ご存知でしょうか?

 

imagesJU6AJ5JA

皮膚のかゆみや湿疹のほか 頭痛や肩こりなどを引き起こす事や また溶け出した金属が指先などの末端にたまり

水泡が出来る掌蹠膿疱症を発症するケースもあります。

 

保険で歯の詰め物によく使われる金属の銀、ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、水銀(アマルガム)などが

アレルギーを引き起こすと言われていて 特にアマルガムは水銀やスズなどの重金属を含んでおりホルモンバランスの

乱れや免疫力低下の原因となる事も指摘されています。

どちらも銀歯が原因の場合は セラミックにする事で症状を抑えることが出来ます。

 

ただ体内に蓄積された金属はすぐには排出されないのですが 微弱電流を生じて脳の活動や頭痛に影響を及ぼすと言われる

金属の詰め物を取り除いた事で 肩こりや頭痛が軽くなることもあります。

 

ちなみに、これらのアレルギーなどの症状を起こしにくい金属としては、金、白金などがあげられます。

また インプラント治療などに用いられるチタンもアレルギーを起こしにくい金属の一つです。

 

もし気になる症状があれば 是非ご相談下さいませ。

 

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

インフルエンザ

2018.01.28   カテゴリ:未分類

こんにちは!mfデンタルクリニックの小國です(*^^*)

インフルエンザが流行してるようですが、皆様お元気でしょうか??

今回は、インフルエンザについて詳しく紹介していきたいと思います。

この季節、熱や咳が続くとインフルエンザの可能性を疑う方も多いと思います。

いざ病院に行って検査をしてみると陰性でホッとした経験もあるのではないでしょうか?

はじめに、風邪とインフルエンザの違いについて書いていきたいと思います。

一つ目は、流行の時期の違いです。風邪は一年を通してかかる可能性があるものですが、インフルエンザは11月〜12月に流行はじめ、1月〜3月にかけてピークを迎えます。なので特にこの時期に警戒していく必要があります。
二つ目は、症状の違いです。インフルエンザウイルスには、1〜3日ほど潜伏期間があります。この1〜3日の間に突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。この突然発熱する、というのが大きな特徴です。そして、少し遅れて、咳、鼻水、喉の痛みなど風邪に似た症状が現れます。基本は10日ほどで治癒すると言われています。それに対して風邪は発症後の経過が緩やかで、熱も急激に上がるということがほとんどありません。くしゃみや咳、喉の痛みなどなどの上気道症状が継続的に見られます。

images

 

次に、予防注射についてです。みなさんは予防注射受けましたか?毎年受ける方、そうでない方、それぞれいらっしゃると思います。そもそもインフルエンザのワクチンはその国で流行るであろう型を一年前に予測し、作られます。なので、100パーセント効果が出るとは言い切れない部分があるみたいです。ワクチンはインフルエンザにかからないというものよりは、重症化を防ぐものとして捉えておいたほうがいいかもしれません。ただ重症化や発症のリスクを下げるという意味ではとても効果的ですので、予防注射を受けたほうが良いことに変わりはありません。それではいつ頃予防注射を受けるべきなのでしょうか。一般的に注射を打つとインフルエンザウイルスから身体を守れる期間は2週間〜5ヶ月程度と言われています。インフルエンザが11月から3月あたりまで流行することを考えると11月には受けておくのがベストです。また、子どもはまだ免疫力が大人ほどないので、1回目の予防注射を受けてから4週間後に2回目の予防注射を受けたほうがより効果的です。

これでインフルエンザのことを少しは理解していただけたでしょうか。なんといっても1番の予防方法は手洗いうがいと湿度管理ですよね!正しい知識と予防で冬も元気に乗り越えましょうね(^^)

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MFビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

おやつ

2017.12.17   カテゴリ:お口の中について, 未分類

こんにちは MFデンタルクリニックの今村です。

気温も低く乾燥した毎日ですが みなさん体調はいかがでしょうか?

年末の忙しい時期でもあり お体には十分ご自愛下さいませ。

 

今回はおやつについてお話したいと思います。

お子様のおやつは欠かせない物ですよね!

おやつの食べ方に注意

まだ胃が小さくて一度にたくさん食べられないお子さんは、食事の間のおやつも大切な食事の一つです。

おやつの食べ方、内容に気をつけることで虫歯になるリスクを減らすことができます。

一番良くない食べ方はダラダラ食べ!!

ダラダラ食べることで お口の中が常に酸性になり虫歯になりやすくなるからです。

量と時間を決めて摂る事をお薦めします。

虫歯になりやすい食べ物としては、飴、キャラメル、グミ、ジュース、スポーツドリンクなどがあげられます。

つまり、口の中に長く糖分がとどまるおやつはなるべく避けるほうがよいでしょう。

 

キシリトールの活用

キシリトールのタブレットやガムを摂ることにより、虫歯にかかりにくい環境を整えることができます。

1日に3回タブレットかガムを摂るようにすると良いでしょう。

・キシリトールの有効性

セルフケアでできることとして、キシリトールを活用するとより虫歯の予防効果が高まります。

キシリトールとは自然界に存在する甘味炭水化物の一種で、虫歯の原因にならないだけでなく、虫歯の発生を防ぐことで知られています。

キシリトールには次のような効果があります。

・虫歯の原因となる酸を作らない

・虫歯菌であるミュータンス菌の増殖を防ぐ

・歯垢の量を減らし、くっつきにくくする

・唾液の分泌を促し、口の中の自浄作用を高める

・歯が溶けることを防ぎ、歯の再石灰化を促進させる

■キシリトール製品の選び方

キシリトールは口の中に長くとどまることで効果を発揮します。

それゆえにキシリトールの効果が期待できるお菓子としてはガムかタブレット(錠)ということになります。

それ以外、例えばジュースやビスケットなどにキシリトールが入ってたとしても、口の中に長くとどまらないので効果は期待できません。

また、キシリトール製品を買う際にはキシリトールが高濃度に入っていること(50%以上)、「シュガーレス」の表示があること、

もしくは糖類が0%であることを確認しましょう。

■キシリトール製品の効果的な摂り方

虫歯になりやすい人は特に、1日3回、3ヶ月以上、キシリトールのガムやタブレットを摂取することで虫歯予防の効果が高まります。

赤ちゃんへの虫歯菌をうつさないためには歯の生える3ヶ月前くらい前(生後3ヶ月頃)から

周囲の人たちがキシリトールを摂取するとよいとも言われています。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

もうすぐクリスマスと忘年会♪

2017.12.10   カテゴリ:未分類

みなさんこんにちは!千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニック、御代出です!

最近、急に気温が下がり冬本番になってきましたね(>_<)

皆さま体調は大丈夫ですか?
インフルエンザが流行中なので気をつけなくてはいけませんね!
私もいつも元気に患者さまをお迎えできるように頑張ります!
さて、MFデンタルクリニックではすっかりクリスマスモードの飾り付けになっています♪
気づいた患者さまからは嬉しい言葉をかけていただいております(*´∀`)
私もMFでいつも季節を感じられて嬉しいです☆
我が家の飾り付けもクリスマス意識して可愛くしようと思っています( ^ω^ )
374BFC23-A792-412C-A1CA-ACA69774FDE1
クリスマスが終わればすぐ年末ですね!
MFデンタルクリニックは、休診日に大掃除をしてその日に忘年会をします♪
今年はスタッフの入れ替わりもわり、普段の診療ではなかなかコミュニケーションがとれないので、今から楽しみです(^^)
皆さんもこれから忘年会シーズンですが、お酒の飲み過ぎには注意していきましょう(^^)笑
おやすみ前の歯磨きも忘れずに♪
☆★お知らせ★☆
今月15日は午前のみ診療、21日木曜日は通常通り診療させていただきます。
年末年始は12月29日〜1月4日まで休診になりますのでご了承くださいm(_ _)m
〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

動物の歯

2017.12.3   カテゴリ:Q&A, 未分類

こんにちは、千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。季節は気づけば冬の装いが…寒いのが苦手な私としては個人的にはとても苦手な季節が始まるので体調管理に気をつけて寒さに負けない体力作りに励みたいと思います!

今回は動物の歯について。IMG_0103

私も知らなかったのですが皆さま哺乳類の歯は雄と雌で同じ本数だと思っていませんか?人間も男女で歯の本数が異なるということは基本ありません。

実は…哺乳動物で雄、雌で歯の本数が異なる動物が存在するのです!

その動物とは…なんと馬です!!馬のようにオスとメスで歯の本数が違うのはきわめて異例らしいです。

馬の歯は牡馬では全部で40本、牝馬で36本で、この4本の差は犬歯があるかないかの差です。

犬や猫といったペットがいる皆さまはご存知かと思うのですが人間以外の哺乳類も子供の歯と呼ばれる乳歯があって成長と共に大人のは(永久歯)に萌え替り奥歯の本数も増えていくのですが、これは馬も同じなのですがなぜか牡馬と牝馬で歯の本数が変わるという…不思議ですね~見た目は大きさもそんなに違うようには見えないのでなぜ本数が違うのか??

ご存知の方ぜひ教えてくださいm(_ _)m

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

 

1 2 3 4 5 10

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ