TOP > ブログ

ブログ

インフルエンザの季節です

2019.01.20   カテゴリ:お口の中について, インフルエンザ, 未分類

こんにちは 千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

お天気続きで空気も乾燥し毎日寒い日が続いていますが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

年末からインフルエンザが流行し始めて子供たちの学校でも学級閉鎖の話をちらほら耳にします。

こんな季節だからこそ 感染しない、させないインフルエンザ対策が大切ですね!

 

インフルエンザ対策の基本

 

1.流行前に、インフルエンザワクチンを接種しましょう。

2.うがい、手洗いをこまめにしましょう。

3.咳エチケットを行いましょう。

4.室内に適度な湿度調節(50~60%)を行いましょう。

5.人混みや繁華街への外出を控えましょう。

6.十分な休養、バランスの良い食事をしましょう。

 

加えて大切なのが口腔ケアです。

歯周病菌はインフルエンザ感染を重症化させます

 

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。

また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できない為 口腔内を不潔にしておくと

インフルエンザ感染を助長します。

特に免疫力の弱い高齢者はインフルエンザが重症化する可能性があります。

毎日の口腔ケアで口腔内の細菌を減らすことがインフルエンザ予防につながります。

口腔細菌は歯の表面だけなく、舌の上、咽頭などの粘膜にも多く存在します。

IMG_3340  日本口腔保健協会より

1.歯磨き

歯ブラシや歯間ブラシ・ワンタフトブラシ・フロスなどを使い物理的に歯垢(プラーク)

を取り除く

2.舌磨き

舌磨きの専用ブラシがありますが 優しく力の加減をしながら歯磨きのブラシで最後に

舌磨いてもよいでしょう。

3.マウスウォッシュ

マウスウォッシュでプラークを取り除く事は出来ませんが 殺菌効果が期待できるので

洗口剤を使ってのうがいをしましょう。

4.唾液腺マッサージ

万が一ウイルスがお口やのどに入っても、身体が持つ防御機能がきちんと働いていれば

インフルエンザの発症を防ぐ事も出来るのです。

なぜなら、お口やのどには唾液による「清浄作用」「粘膜保護作用」「抗菌作用」などの

防御機能があるため。

逆に、お口の中が乾燥して唾液の量が減ると、ウイルスに感染しやすく

なってしまうのです。

バランスよく唾液を出すためには、唾液腺マッサージがおすすめです。

IMG_3347  Club Sunstarより

この季節を元気に過ごす為にこのような事に気を付けながら

マスク着用で乗り越えましょう。

 

 

〒260-0021

   千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
    043-247-1021
    医療法人社団ともしび会
    MFデンタルクリニック

 

認知症と歯科

2019.01.6   カテゴリ:お口の中について, ご連絡, 未分類

こんにちは、千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。寒い日が続いていますが皆さま体調崩されたりしていませんか?防寒、乾燥対策をしっかりそして何でも食べれる健康なお口で栄養摂取しっかりしていきましょう!

 

先日こんな記事がありました。認知症の専門医長谷川先生から認知症と歯との関係について。数々のメディアなどで認知症と歯との関連はよく耳にしていましたが臨床の現場での実際の診断に関わっているとのことです。

 

認知症専門クリニックを訪れる患者さんは血圧測定や血液検査などを受けたあと、「では最後に、歯を見せてください」と認知症専門医に言われます。そして、どういうわけか認知症外来に設置されている歯科専用の診療のイス(歯科用チェアユニット)に座らされて、歯の本数や口腔環境をチェックされるのです。

その後、希望する患者さんには、クリニックに常勤する歯科衛生士さんにより徹底した歯のケアを受けてもらいます。こうした取り組みが歯の専門家の目に留まり、先日、日本口腔ケア学会の評議員への推薦もいただきました。

では、なぜこんなことを始めたかと言いますと……。

 

 

◆歯のケアで認知症状が劇的に改善!

今から20年前に歯科衛生士と口腔ケアを始めると、思ってもいなかった改善例が出はじめました。歯科衛生士によるたった1回の歯のケアで、認知症状が改善した患者さんが現れたのです。

歯のケアをすることで、薬も使わずたいした時間もかけずに、認知症状を緩和・改善できたことは、専門医である著者にとって大きな驚きでした。

認知症患者に奇跡を起こしたのは、認知症専門医ではなく、歯医者や歯科衛生士が行うケアだったのです。つまり、認知症患者に定期的な歯のケアを受けていただくことが、認知症の予防・改善につながるのです。

ますます高齢化が進み、認知症患者が増えるとされているこれからの時代において、何よりも求められるのは歯のケアであり、医療分野で言えば「歯科」だと言えるでしょう。これまでに約20万人の認知症患者を診てきた専門医の先生がおっしゃっています。

 

◆歯と認知症にはどんな関係があるのか?

①認知症クリニックに通う患者の25%は総入れ歯

 

口の中に残っている歯の数と認知症発症率には、相関関係があります。東北大大学院の研究グループが、70歳以上の高齢者を対象に行った調査によると、「脳が健康な人」の歯は平均14・9本でしたが、「認知症疑いあり」と診断された人はたったの9・4 本でした。

つまり、残っている歯が少ない人ほど、認知症になりやすいことが明らかになったのです。昔から言われている「歯がない人はボケやすい」は、科学的に見ても正しかったのです。歯が残っているメリットは、歯で噛むことで脳に血液を送り込むことができ、脳の活性化につながることです。またアルツハイマー病の原因とされる、脳のゴミ「アミロイドβ蛋白」を押し流すことができるのです。

 

②歯周病は脳を老化させる大きな要因。ターニングポイントは35歳!

 

歳をとると、口の中の環境が変わって、歯周病菌が増えやすくなります。この歯周病は日本人の大人のほとんどが患っている、いわば国民病。その発症率は35歳前後からぐんぐん上がっていき、40代になるころには、なんと8割もの人が歯周病を発症します。実は、若い人の口の中にも歯周病菌はたくさんいるのです。

35歳前後から発症率が増えていくのは、このころから加齢により免疫力が低下するせいだとする説があります。若いころは歯茎に軽い炎症が起こっても治っていたのに、免疫力が落ちたせいで修復のスピードが追いつかず、歯周病が進行するというわけです。歯周病は風邪などと違って自然治癒しません。放っておくと「もう歯を抜くしかありませんね」と宣告されます。つまり、大切な歯を失うことになります。

さらに、歯周病菌が出す毒素により、血液中に炎症物質「サイトカイン」が流れ込みます。「サイトカイン」が脳に流れ込むと、認知症を発症するリスクが高まります。35歳からは、歯のケアをこれまでと変えなければいけません。

 

③歯のケアを変えれば、生涯医療費が1千万円以上安くなる!

 

日本歯科医師協会が、全国の40歳以上、約1万9000人を対象に行った調査では、残っている歯の数が20本以上ある人は、0~4本の人よりも、年間の医療費が平均で17万5900円も低いという結果が出ました。この金額を1日あたりに換算すると、17万5600円÷365日=約482円。つまり、歯を20本以上キープする歯のケアを続けるだけで、毎日約500円もの医療費を得することになるのです。

なぜこうなるのかというと、これは歯を失う最大の原因は歯周病であり、その歯周病が認知症だけでなく、糖尿病、脳梗塞、肺炎などの全身疾患を引き起こすからです。

もしあなたが100歳まで生きるとして、そのとき歯が0~4本しか残っていないとしましょう。先ほどのデータをもとに、歯周病患者が増えはじめる40歳以上から100歳までの60年間分の医科医療費の差額を計算すると、年間平均医療費17万5900円×60年=1千55万4000円となります。つまり、残りの歯が20本以上ある人に比べて、1千万円以上も多く生涯医療費を支払わなければいけないことになるのです。もしこの1千万円を支払わずに済めば、老後のお金の不安はずいぶん減るのではないでしょうか。

 

長谷川 嘉哉 (はせがわよしや)

1966年、名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業。医学博士、日本神経学会専門医、日本内科学会専門医、日本老年病学会専門医。毎月1000人の認知症患者を診察する、日本有数の脳神経内科、認知症の専門医。祖父が認知症であった経験から2000年に、認知症専門外来および在宅医療のためのクリニックを岐阜県土岐市に開業。これまでに、20万人以上の認知症患者を診てきて、いち早く認知症と歯と口腔環境の関連性に気づく。現在、訪問医療の際には、積極的に歯科医・歯科衛生士による口腔ケアを導入している。さらに自らのクリニックにも歯科衛生士を常勤させるなどし、認知症の改善、予防を行い、成果を挙げている。「医科歯科連携」の第一人者として、各界から注目を集めている医師である。PRTIMESより

 

著書も出版されていらっしゃいます。口腔ケアに携わる1人としてとても勉強になりました。皆さまも今一度ご自分のお口のケアを確認してみませんか?

38A81B71-05F0-47E5-B1EA-7492C04F1FD5

https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000163.000011466.html

 

 

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

謹賀新年

2019.01.1   カテゴリ:MFのこと, お口の中について, ご挨拶, イベント, スタッフ, セミナー, 休暇の過ごし方, 歯科治療, 見学

あけましておめでとうございます。

医療法人社団MFデンタルクリニック

理事長 保田 靖です。

昨年も患者様、スタッフ、歯科関係者、異業種の先輩方に並々ならぬご支援をいただき2019年という新しい年を迎えることができました。

今年もさらなる飛躍の年にしていきたいと考えておりますのでご指導のほどよろしくお願いいたします。

 

さて1月1日は毎年私がブログを書かせていただいておりますが、今年も去年を振り返りながら今年の抱負を書かせていただきます。

昨年も多くの他医院、技工所の協力により見学をさせていただき当医院のレベルアップのチャンスをいただきました。ご協力頂いた医院の理事長、院長、社長へ感謝と御礼を申し上げます。

自分の小さい頭だけで考えられることは本当に少なく、稚拙な答えしか出ません。

いろいろな場所を見させていただくことで自分の医院に取り入れ、患者様にとってもスタッフにとっても、私自身にとってもとても良い歯科医院になってきていると思います。惜しげもなくすべてを見せてくれて教えてくれる人に恵まれとても幸せだと思います。

 

IMG_0332IMG_0181IMG_0480download_fileIMG_0743IMG_0747

 

また休診日はほぼセミナーに行かせていただきました。(診療のある日もセミナー出席のため急遽休診にさせていただいたこと、ご迷惑おかけしました)

セミナーと一括りにさせていただいておりますが経営からテクニック、知識、コミュニケーションから終末期の討論会。様々なものを学ばせていただきました。

47歳という年齢ではありますがまだまだ足りないことできてないこと、甘いところは多々あり日々学びの生活です。できの悪いこんな私を丁寧に親切にご指導して頂いている先生方、ありがとうございます。

ほんの一コマですが写真を載せておきます。

すべてのスタッフが勉強熱心で私と一緒にセミナーに参加してくれたり遠くの医院の見学に付き合ってくれたりと医院がまとまってくれてることが嬉しいです。

 

IMG_0436IMG_0730IMG_0546IMG_0687IMG_0722IMG_0240IMG_0268IMG_0606

 

と、スタッフの話を出したのでスタッフについて少しご紹介しようと思います。

前述しましたがとても勉強熱心で医院のために頑張ってくれるスタッフです。私のわがままな要求にも嫌な顔わしてもしっかりとやりきってくれます。また医院を良くするためには何が必要なのか?を私に意見してくれます。

自分自身では考えつかないところを指摘してくれるので感心します。やはり一人だけでは何もできないことを痛感している毎日です。

仕事の後の飲み会、ディズニーランドでの院外研修、バーベキュー、院内の大掃除、忘年会などなどただでさえ一日の殆どを一緒にいるのに、疲れているのに休みたいのにいつもわがままに付き合ってくれてありがとう。

もちろんセミナーも。今年もよろしくおねがいします。

 

IMG_0018IMG_0021IMG_0022IMG_0024IMG_0297IMG_0746IMG_0580IMG_0790

 

私の家族の写真も少し上げておきます。

ご存知の方も多いと思いますが私の家族は妻1人子供3人の5人家族です。しかも3人の子供は年子で中学1年2年3年生です。

このぐらいになると全員の予定を合わせることができず(私が殆ど家にいないことが大きな要因ですが)子供と二人ででかけたり、妻と二人で、子供3人に私で出かけることも多い一年でした。

毎年夏に企画している親子ふたり旅も長女と二人で初めての小笠原諸島に行ってきました。中3の娘なので最後のふたり旅になるのかな?などと思いながら台風のなか旅立ちました。

とても綺麗な自然いっぱいの小笠原諸島の思い出を忘れないでほしいと本気で思えた旅でした。

年末は妻がアキレス腱を切りギブス生活になってしまったため毎年恒例の大掃除は妻抜きの4人で本気で朝から夜中までガッツリ行いました。トータル4日以上かかりました。が、子どもたちの手助けもありとても綺麗な家で新年を迎えることができました。

妻もギブスをしながら仕分けから断捨離と、かなり無理してくれました。本当にきつい数日の大掃除、私に付き合ってくれてありがとうございました。

 

IMG_0028IMG_0117IMG_0398IMG_0407IMG_0322IMG_0482IMG_0773IMG_0766IMG_0789

 

 

と、去年を簡単に振り返ってみました。一年はあっという間ですがとても多くの出来事が起こっているのだと改めて思わされました。

 

今年の抱負を最後に少しだけ。

 

もっともっと笑顔で元気な場所にしていきたいです。みんなで取り組めがもっともっと進化できると思います。

また新たに去年から管理栄養士も医院の仲間に加わっています。患者さんの身体、健康を守るために栄養面からも今年からアプローチできるようにしていきたいと考えてます。

患者さんにももっともっと歯科に対して興味を持ってほしいですし、ご自分の大切な歯を守るのは自分自身しかいない。と、自覚してほしいです。

歯科医院がどんなに良くても語彙分の歯を作ることはできません。またこちら側だけが一生懸命でも御本人が治そうと思っていただけなければいつまで経っても削る治療しかできないのです。

削った分だけご自分の歯は減ってしまいます。

 

すべての人が歯に興味を持って治療をしないで済むような口腔内環境を患者さん、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、管理栄養士、他にも沢山巻き込んで一生素敵な笑顔でいられるような人たちになりましょう。

 

改めまして本年もよろしくお願いいたします。

 

医療法人社団ともしび会MFデンタルクリニック

理事長 保田靖

 

 

夜間の授乳による虫歯について

2018.12.2   カテゴリ:お口の中について, 未分類

こんにちは 千葉市中央区新宿MFデンタルクリニックの今村です。

今週は昼間暖かい日も多く過ごしやすかったですね!

段々 空気の乾燥や気温の低下で風邪を引きやすい季節になります。

ちらほらインフルエンザの感染も耳にするようになりました。

皆様も体調管理には気を付けて お体ご自愛くださいませ。

 

今回はお子様の虫歯についてお話しようと思います。

先日 夜間の授乳は虫歯になるのか という話題が出まして・・・

 

母乳を飲むときは舌を突き出し、乳首を上顎に押し付けしごいて飲むので

上の前歯に母乳が付着しやすい為 飲みながら眠ると母乳が上の前歯の周囲に停滞し

しかも夜間には唾液の分泌が減少するのでむし歯になりやすいと言われています。

 

そもそも 虫歯はどうして出来てしまうのか?

いくつかの条件が重なる事で出来るのです。

IMG-2866 画像:yahooブログより

なので この条件が一つでも欠けると虫歯にならない

という事になります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌なのですが

生活の中で 特に親とのコミュニケーションによっての感染が大きいようです。

お子様の為にも親御さんの口腔内を清潔に保つことは とても重要です。

 

そして 歯が生えてきたら仕上げ磨きを!

と言っても 最初はガーゼなどで刷掃してあげるくらいで

徐々に歯が生え揃ってきたら 寝かせ磨きを!(授乳や離乳食後)

特に夜間の授乳をする場合 就寝前の仕上げ磨きは丁寧に!

少しでも虫歯リスクを下げて ストレスなく授乳出来ればいいですね。

 

お子様の仕上げ磨きのポイントやフッ素塗布など 色々なお話も含め

親子での定期健診をお薦めします。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

 

 

無意識、無自覚での悪癖??

2018.11.18   カテゴリ:お口の中について, ご連絡, 未分類

こんにちは。

千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。今年も気づけば約2ヶ月を切りました。月日が経つのは本当に速いですね。これからの季節は空気が乾燥しやすく体調を崩しやすくなる季節です。体調管理に気をつけて寒い季節を頑張って乗り越えましょう!

今回は最近テレビなどでも取り上げられているお口に悪い癖TCHについて

歯列接触癖とは、上下の歯を持続的に接触させる癖のこと(tooth contacting habitを略してTCHとも呼ばれる)。ヒトの上下の歯は食事や会話のときに瞬間的に接触するものの、それ以外のときは通常接触していないものである。しかし日常的に、かつ無意識に上下の歯を接触し続けている人がいるんです。しかも無意識なので本人はまさか自分が該当するとは思いもしないのです。このような状態が長時間に及ぶと、噛む筋肉の疲労や歯・顎の関節の圧迫につながり、それらの痛みや違和感の原因となったり、また夜間のブラキシズム(歯ぎしり)との関連も強いと考えられています。

歯列接触癖を軽減するためには、認知行動療法が有効とされていて、上下の歯が接触していると筋肉に負担のかかることを感じてもらい、自分の意思で上下の歯を離し、筋肉をリラックスさせるというものです。しかし1日中意識することは難しいため、「歯を離す」「上下の歯を離してリラックスする」などと紙に書いたものを身近なところに貼り、貼り紙を見たときには意識して力を抜いてもらう。また、かみ合わせの装置によっても有効な場合があります。自分の無意識の習慣に気づいてもらい、注意してもらうようにすることが大切であるとされています。

歯にヒビが入ってしまうほどの強い力…もちろん歯を支えている顎の骨にも影響があるため歯周病のリスクともとても関わりが深いのです。日常の何気ない動作において自覚のないうちにTCHを診断されてしまうなんて事もあるので1度歯科医院で相談されてみてはいかがでしょうか?livedoorNEWS

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

livedoorNEWSより

1 2 3 4 5 9

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ