TOP > ブログ

ブログ

金属アレルギー

2018.02.18   カテゴリ:お口の中について, 未分類, 歯科治療

こんにちはMFデンタルクリニックの今村です。

まだまだ寒い日も多く 春が待ち遠しいこの頃ですが

皆さま元気にお過ごしでしょうか?

 

今回は金属アレルギーについてお話しようと思います。

 

口の中の金属が溶け出して 知らない間に金属アレルギーを発症する人が増加して入る事を

ご存知でしょうか?

 

imagesJU6AJ5JA

皮膚のかゆみや湿疹のほか 頭痛や肩こりなどを引き起こす事や また溶け出した金属が指先などの末端にたまり

水泡が出来る掌蹠膿疱症を発症するケースもあります。

 

保険で歯の詰め物によく使われる金属の銀、ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、水銀(アマルガム)などが

アレルギーを引き起こすと言われていて 特にアマルガムは水銀やスズなどの重金属を含んでおりホルモンバランスの

乱れや免疫力低下の原因となる事も指摘されています。

どちらも銀歯が原因の場合は セラミックにする事で症状を抑えることが出来ます。

 

ただ体内に蓄積された金属はすぐには排出されないのですが 微弱電流を生じて脳の活動や頭痛に影響を及ぼすと言われる

金属の詰め物を取り除いた事で 肩こりや頭痛が軽くなることもあります。

 

ちなみに、これらのアレルギーなどの症状を起こしにくい金属としては、金、白金などがあげられます。

また インプラント治療などに用いられるチタンもアレルギーを起こしにくい金属の一つです。

 

もし気になる症状があれば 是非ご相談下さいませ。

 

〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

バレンタインデーは歯医者さんが作ったチョコレート♡

2018.02.11   カテゴリ:MFのこと, イベント

みなさんこんにちは!千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの御代出です!

まだまだ寒い日が続いてますね(>_<)
前回もお話ししましたがインフルエンザがまだ流行中なので気をつけなくてはいけませんね!
私も引き続き頑張ります!!
さて、今MFデンタルクリニックでは、バレンタインデーが近いので、歯医者さんが作ったキシリトールのチョコレートを患者さまにお配りしています♪
毎年恒例になっていますが、味も変わらないのでとても評判のいいチョコレートです!
もちろん販売も行っておりますので、お求めの際は受付までお願いいたします☆
このイベント用に、スタッフ全員制服には奥さまに用意していただいたバッチがついています!
受付で患者さまが気づいてくれるので嬉しいです☆
C5062810-71FC-4957-81F7-AE9B7E8318E1
ところで私、最近少し物販に力を入れているんです(*´∀`)
受付横に歯ブラシや歯間ブラシをわかりやすく価格と共に並べております♪
前から医院にあった品ばかりですが、表に置いてあることで、歯ブラシを買って帰るのを思い出せた!と患者様からのお声をいただきました☆
歯間ブラシにはサイズも細かくございますので、一人ひとりのお口にあったサイズを医院自慢の衛生士さんが優しく教えてくれます( ^ω^ )
82B30347-F648-486D-B51F-9634F8D09920
〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

寒くて食いしばってついでに知覚過敏

2018.02.4   カテゴリ:お口の中について, ご連絡, 歯科治療

こんにちは、千葉県千葉市中央区のMFデンタルクリニック野上です。

季節は冬真只中ですが皆さま体調はいかがでしょうか?

寒くなると体が縮こまって猫背気味になり、無意識のうちに歯を食いしばってしまう経験はありませんか?私も去年、年末辺りからの急な寒さによって無意識にくいしばりをしていて症状が出てしまったことがありました!

それは……知覚過敏です!

なぜそのような症状がでてしまったのかについて、そして意外と侮れない知覚過敏についてお伝えしていこうと思います。

歯をギューっと食いしばることで下あごが噛んだまま少しずれると歯と歯肉の境目が歪みをおこして削れてしまうのです。写真は歯の根元(歯と歯肉の境目の実際の歪が出来てしまった参考写真です)歯を削ったのと同じ状態になってしまうので今の季節だと特に寒い=冷たい風、お水の歯に与える強い刺激が加わる為人によっては歯を磨くと沁みる感じがしたり物を噛むと違和感、痛みを感じたりするのです。25DDE3BA-384D-4492-BE6A-1AA0EF91F7DA

私は物を噛んだ時に症状が出るようになってしまいました。歯並びは比較的揃っていてもかみ合わせが強く当たっていたり擦れていたりすると歯の根元の部分が歪んでしまう事があり、今まではなんの症状もなくてもなにかのきっかけで症状がでてしまう事もある知覚過敏。今更ですがお口の中に何かしらの症状があるのはおいしくご飯が食べられないのでとても辛いですね(;´Д`)

知覚過敏の原因によって対処、処置の仕方がかわってくるのでもし万が一私と同じように知覚過敏の症状にお困りのようでしたら我慢せずに早めの受診をおすすめします!おいしく好きな物を好きなだけ食べれるようになるとほっとしますよ♪

260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

インフルエンザ

2018.01.28   カテゴリ:未分類

こんにちは!mfデンタルクリニックの小國です(*^^*)

インフルエンザが流行してるようですが、皆様お元気でしょうか??

今回は、インフルエンザについて詳しく紹介していきたいと思います。

この季節、熱や咳が続くとインフルエンザの可能性を疑う方も多いと思います。

いざ病院に行って検査をしてみると陰性でホッとした経験もあるのではないでしょうか?

はじめに、風邪とインフルエンザの違いについて書いていきたいと思います。

一つ目は、流行の時期の違いです。風邪は一年を通してかかる可能性があるものですが、インフルエンザは11月〜12月に流行はじめ、1月〜3月にかけてピークを迎えます。なので特にこの時期に警戒していく必要があります。
二つ目は、症状の違いです。インフルエンザウイルスには、1〜3日ほど潜伏期間があります。この1〜3日の間に突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。この突然発熱する、というのが大きな特徴です。そして、少し遅れて、咳、鼻水、喉の痛みなど風邪に似た症状が現れます。基本は10日ほどで治癒すると言われています。それに対して風邪は発症後の経過が緩やかで、熱も急激に上がるということがほとんどありません。くしゃみや咳、喉の痛みなどなどの上気道症状が継続的に見られます。

images

 

次に、予防注射についてです。みなさんは予防注射受けましたか?毎年受ける方、そうでない方、それぞれいらっしゃると思います。そもそもインフルエンザのワクチンはその国で流行るであろう型を一年前に予測し、作られます。なので、100パーセント効果が出るとは言い切れない部分があるみたいです。ワクチンはインフルエンザにかからないというものよりは、重症化を防ぐものとして捉えておいたほうがいいかもしれません。ただ重症化や発症のリスクを下げるという意味ではとても効果的ですので、予防注射を受けたほうが良いことに変わりはありません。それではいつ頃予防注射を受けるべきなのでしょうか。一般的に注射を打つとインフルエンザウイルスから身体を守れる期間は2週間〜5ヶ月程度と言われています。インフルエンザが11月から3月あたりまで流行することを考えると11月には受けておくのがベストです。また、子どもはまだ免疫力が大人ほどないので、1回目の予防注射を受けてから4週間後に2回目の予防注射を受けたほうがより効果的です。

これでインフルエンザのことを少しは理解していただけたでしょうか。なんといっても1番の予防方法は手洗いうがいと湿度管理ですよね!正しい知識と予防で冬も元気に乗り越えましょうね(^^)

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MFビル2F

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

虫歯菌の家族間の感染

2018.01.20   カテゴリ:お口の中について

こんにちは、MFデンタルクリニック歯科衛生士の常泉です。最近朝晩気温が低く、インフルエンザも流行中ですが、体調はいかがでしょうか?お体には十分ご自愛下さいませ。

今回は虫歯菌の家族間感染についてお話します。ご自分のお口の中にいる虫歯菌は家族にうつります。生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌がいません。乳歯が生え始めるえ6ヵ月から3歳の間がピークで両親から感染します。歯が生え始め離乳食が始まる頃からスプーンなどの食器を介し家族のお口の中の虫歯菌が運ばれ、感染します。大切なお子様の歯を守るためにミュータンス菌をうつさないこれが大切です。子供の歯磨きを徹底しても、ミュータンス菌がたくさん子供のお口の中に感染してしまったらなかなか虫歯を予防することが難しいです。

ご家族のお口の中をきれいにして下さい。ご自分のお口の中の細菌の数を減らしましょう。特に母親からの感染が70%~80%だと言われてます。

飲食回数、お砂糖の取り方に気をつけて下さい。ミュータンス菌は酸性の環境が大好きな細菌です。せっかくうつさないようにしていても飲食回数が多く、砂糖を含んだ食事を多くとる習慣があると後から増えてしまいます。以上のこことに注意して下さい。私自身も現在1歳の子供の母なので、食器は別にし熱いものふっーとふけないので気をつけています。ぜひお子様のためにもご家族でMFデンタルクリニックに検診にいらして下さい。お待ちしております。

〒266ー0022

千葉市中央区新宿2-10ー2MF10ビル2F

043-247ー1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 49

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ