TOP > ブログ

ブログ

プラークについて

2018.10.14   カテゴリ:お口の中について, 未分類

こんには千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

最近秋めいてきましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目で体調を崩しやすいので 生活習慣を整え体調管理には気を付けて過ごしましょう。

 

 

今回はプラークについてお話します。

皆さんもプラークという言葉はご存知でしょう。

プラークには、「歯肉縁上プラーク」と「歯肉縁下プラーク」の2種類があります。

IMG_2514

 

歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークの違い


2種類のプラークの違いを分かりやすく言うと、歯肉の高さよりも歯冠側についているか(歯肉縁上プラーク)

それとも、歯根側についているか(歯肉縁下プラーク)の違いです。

「なーんだ、プラークのついた場所が違うだけか」と思ってしまいますが

プラークはそんな単純なものでなく 生息する細菌違うのです。

 

歯肉縁上プラークの細菌とは?


歯肉縁上プラークは、歯肉よりも上の歯の部分(歯冠側)についたプラークです。

歯肉縁上プラークを構成する菌は、レンサ球菌・放線菌・グラム陽性桿菌が多く見られ、歯肉炎を引き起こします。

歯肉縁上プラークは、外から見えます。そのため、セルフケアによる日々の歯磨き(ブラッシング)で対策することができます。

歯肉縁下プラークの細菌とは?


歯肉縁下プラークは、歯周ポケット内に形成されるバイオフィルムです。

歯肉縁下プラークを構成する菌は、グラム陰性嫌気性球菌・桿菌・スピロヘータなどが挙げられます。

これらは歯周病原菌と呼ばれる特殊な菌で、数種類の歯周病原菌が、お互いに悪さをし合うことで歯周組織を破壊し

歯周病を引き起こします。

歯肉縁下プラークは、それだけ怖い菌の塊でありながら、外から見ることができません。

セルフケアでは対応ができず、歯科医院にて専門家によるプロフェッショナルケアが不可欠なのです。

この事からも定期健診の大切さがお分かり頂けるのではないでしょうか。

皆さまのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしています。

 

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
043-247-1021
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドデンタルショー!

2018.10.7   カテゴリ:MFのこと, イベント, セミナー

みなさんこんにちは!千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの御代出です。

10月に入り、だんだん秋になってきましたね♪
この短い季節をじっくり味わうことなく、いつもすぐ冬を迎えてしまうんですよね(/ _ ; )個人的には秋服もっと着てたいです!
私は先々週、珍しく体調を崩してしまったので、みなさん体調管理には気をつけましょう!
先日、先生方や先生の奥様とスタッフと一緒にワールドデンタルショーに行ってきました☆★
4年に一度の大イベントなので、前からとてもこの日が楽しみでした♪
いろいろなメーカーや業者さんのお話を聞いたり、実際に新商品が体験できたりと、とても有意義な時間を過ごすことができました(^ω^)
 勉強することもたくさんあったので、MFでも活かせたらいいなと思います♪
22032951-6D3D-4B04-82B1-AC1EA0B4FC9C
もちろんサンプルの歯磨剤や歯ブラシの試供品もたくさんゲットしてきました!
実際の使い心地など、まずは自分でいろいろ試してみて、患者様にオススメできたらなと思います(`・ω・´)
連休が続いており、患者様にはご迷惑をお掛け致します。連休明けからはまた元気に頑張りますのでよろしくお願いします(*´∇`*)
〒260-0021
千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック

体質からの予防

2018.09.30   カテゴリ:お口の中について, ご連絡, 未分類

こんにちは。

千葉県千葉市中央区新宿のMFデンタルクリニック野上です。

最近日が短くなってきたのを実感する秋の気配がしてきました。これから徐々に寒くなっていくので体調管理により気をつけていきたい季節になってきました。今回は健康にも関わるお口の健康についてお伝えしていきたいと思います。

医療の世界では、ここ数年で腸内環境や腸内細菌に関する研究が進み、新たな知見が次々と明らかになっていますが、そのなかでも最近、欧米でオーラルケアの一環として話題になっているのが“バクテリアセラピー”

 

 

 

2111-ロイテリ1.jpg

バクテリアセラピーとは、世界有数の虫歯・歯周病予防先進国として知られるスウェーデンで生まれたもので、善玉菌を摂取することで、体内の善玉菌と悪玉菌のバランスをコントロールする予防医療のこと。有用な菌を口内に取り込むことで、虫歯や歯周病を減らす効果があるといわれています

虫歯や歯周病の予防効果のある菌として注目されているのがラクトバチルス・ロイテリ菌です

L.ロイテリ菌はヒト由来の乳酸菌のため、胃酸にも耐えて生きたまま腸まで届いて定着します。そして消化管内において天然の抗菌物質ロイテリンを分泌。有害菌の発育を抑制したり、有益菌を増やして体内常在菌の良好なバランスと多様性を維持する働きがあり、胃腸におけるさまざまな疾患の改善と予防に効果があるのだそうです。

口内環境を良い状態にして身体の中から健康に過ごせるといいですね

〒260-0021

千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

043-247-1021

音波ブラシについて

2018.09.24   カテゴリ:お口の中について

こんにちは。 千葉市中央区新宿MFデンタルクリニックの濱田です。

まだ雨や日により気温の変化が大きいく、体調管理に気をつけないと

いけないと思う今日この頃。みなさん風邪等大丈夫でしょうか?

 

患者様からいただく質問で多い内容の1つ「電動歯ブラシってどう

ですか?」 今日はこの事についてお話ししたいと思います(*^^*)

 

簡潔にお答えすると「良し悪しは使い方次第」です。

まず一般的な電動歯ブラシは回転式と振動式の2種類に分けられます。

 

電動式:回転式電動歯ブラシは、歯科医院でも使用されている丸い

形状 のブラシで、歯を一本一本包み込むようにして汚れを落とします。

丸いヘッドが高速で反転運動するので、物理的に歯垢をこすり取る

イメージ。

BD55919D-94CC-4983-A022-157C784C4BE5

 

振動式:通常の歯ブラシと同じ、ヘッドが四角い形状です。

歯の汚れを 浮かして落とします。高速振動によりブラシの毛先が接し

ていない 周囲2mmの部分まで汚れを落とすことができるとされてい

ます。 また音波が口の中の細菌に直接作用して、頑固な細菌のつなが

り (連鎖)を破壊します。

 

63198027-720D-4918-9731-6AD290171854

 

音波振動、16~2万ヘルツ。

超音波振動、2万ヘルツ以上。

 

周波数(ヘルツ):1分間に振動する回数。

 

どちらのタイプでも共通する使用法はゴシゴシ動かさない事です。

手磨きのゴシゴシの動きを電動歯ブラシがしてくれるので、磨きたい

場所に当ててるだけで良いのです。

※音波ブラシでも手磨きのように動かす必要のあるものもあるようです。各々取り扱い説明書を確認する必要があります。

 

ブラシ部分の形状は様々ですし、もちろん歯並びも人それぞれなので、

しっかりブラシが歯面に沿わせられているかはとても重要になります。

また力を込めて強く歯に当て過ぎると、毛先が広がって振動効果が

低下するだけでなく、歯茎を傷つけてしまうことがあります。

歯に触れる程度で毛先が広がらないように当てることがコツです。

この点については手磨き同様、当てる位置、力加減がポイントです。

家電量販店やドラッグストアでも様々な種類のものが販売されていま

すね。 形状、性能も様々なので、実際にお使いの物を持参していただ

き、 歯科衛生士から歯ブラシ指導をさせていただく事もあります。

気になる方はお気軽にご相談ください(*^^*)

改めてお時間を取らせていただければ幸いです。

 

〒260-0021 千葉市中央区新宿2‐10‐2MF10ビル2F 043-247-1021 医療法人社団ともしび会 MFデンタルクリニック

夏も、もう終わりましたかね?

2018.09.16   カテゴリ:MFのこと, スタッフ, 休暇の過ごし方, 未分類

こんにちは千葉中央にあるMFデンタルクリニック瀬戸です。

最近は肌寒くなってきて夏も終わり秋に入ったような気がしますね。 ^^) _旦~~

こういう気温や天気の変わりやすい時期は体調も崩しやすくなってしまいますよね。

のどがイガイガしたり、風邪をこじらせたりと、せっかくの連休も体調が万全じゃないと勿体無いですからね(..)

こんな体調崩しやすい時期は、体を温めるお食事やお飲み物で、体の芯から温めて代謝UPさせて元気な身体づくりしていきましょう!

 

今日は体を温める食べ物をご紹介しますね(^^)/

食材には体を温めるものもあれば、冷やすものもあります。

夏の時期には、体を冷やしてくれる食材が役立ちますし、寒い時期には温めてくれる食材が役立ちます。

image1 (2)

この図の食材別で見てみると体を温めてくれるものは冬に旬の野菜や、香辛料、発酵食品などがありますね。

コーヒーなんかは暖かい飲み物だから温める方にはいると思われがちですが、少量ならコーヒーは中に含まれるカフェインによって体を活動させる、

交感神経という神経に働きかけ、血管を広げてくれます、そのため体の血流がよくなって体を温める効果があると言われています。

 

しかし、カフェインには解熱鎮痛作用があるため、医薬品としてもカフェインは使われており、コーヒーを飲むだけでも熱は取り除かれてしまうのです。

やはり体の芯から温めるには、生姜ですね!生姜は冷え対策だけでなく脂肪燃焼効果もあります。

 

 

生姜にはギンゲロールとショウガオールという特有の辛味とジンゲロン、ジンギベレンという独特な香りを持ちます。

中国では古くから薬用として利用されるようで、風邪の初期症状の治療に使われるなど生姜は辛味によって体を温めてくれる最高の食材なのです。

また胃腸も整えてくれる効果があるので、体調がすぐれない時、生姜を使った料理で胃腸も整うことができますし、体温もUPします。

元気な体を維持する、体調を回復するにはもってこいの食材ですね!(^^♪

最後に簡単に作れる生姜とハチミツの「ハニージンジャー」ご紹介します。

image1 (4)

1.生姜の皮をむいてすりおろす。

2.沸騰したお湯にハチミツを加えて混ぜる。

そうこれだけ(^^)/

簡単に作れますので瓶の中に入れて保存して定期的に飲むのが良いと思います。

 

 

ではでは皆さま!体調管理気を付けていきましょうね!

元気な皆様を医院でお待ちしてます。 ^^) _旦~~

 

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2‐10‐2MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

1 2 3 4 5 55

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ