TOP > ブログ

ブログ

お食い初め

2020.10.25   カテゴリ:何気ない休日

 

みなさんこんにちは。千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの久保田です。

日の入りが早くなり、日の出が遅くなり寒い日も続き冬に近づいていますね。

この前子供と一緒にインフルエンザの予防接種をしてきました。上の子はもうすぐ4歳になるのですが、久しぶりの予防接種だったので泣くかなと思っていたのですが、痛いと言うだけで全く泣かず、去年注射を打ったときはすごく泣いていたのに、、子供の成長ははやいですね。

さて、下の子が昨日で100日を迎えお食い初めをしました。

お食い初めは、最初は、生後50日に行われていたので「五十日(いのか)の祝い」といわれ、食べさせるお餅を「五十日餅(いのかもち)」と呼んでいました。重湯の中にお餅を入れ、そのお餅を赤ちゃんの口に少しだけ含ませるというものでした。やがて、五十日のお祝いが百日になり、鎌倉時代には餅から魚肉に変わり、「真魚初め」と呼ばれるようになりました。
昔は衛生面や栄養面も良くなく、無事に育つことが大変難しかったので、さまざまな節目で赤ちゃんの成長を祈る儀式やお祝いが行われてきました。このように歴史を重ね、生後100日頃にお祝い膳をこしらえ、お祝いするという伝統が今に伝わっています。
お祝い膳は、日本古来の献立「一汁三菜」が基本とされてきました。鯛など尾頭(おかしら)つきの魚と、赤飯、吸い物、煮物、香の物が献立となります。また、生後100日前後は、早い子ですと乳歯が生え始めることから、「歯固めの石」を用意し、丈夫な歯が生えるようにという願いを込めます。

地域などにより、名産品などを加えたりするそうで、必ずこのメニューでなければいけないと言うわけでもないそうです。

 

ついこの間お宮参りを終えたばかりだと思ったら、お食い初めと時がすぎるのが早いです。

子供が二人いると毎日がすごくバタバタで休まる日があまりないですが、子どもたちの成長を楽しみに頑張っていこうと思います。

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F

043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

 

 

間違ったブラッシングで起こる事

2020.10.18   カテゴリ:お口のこと

こんにちは 千葉市中央区新宿にあるMFデンタルクリニックの今村です。

今週末は雨模様で一段と寒くなりましたね!

皆様 風邪などひかないように体調管理にはお気をつけて下さいませ。

 

今回は ブラッシングを間違ってしまうと起こりうる害についてのお話です。

ブラッシングをすることはむし歯や歯周病の予防に大変有効ですが

方法を間違えてしまうと歯や歯肉を傷つけてしまいます。

歯ブラシによる害

  • 歯肉退縮
    乱暴なブラッシング、力の入れ過ぎ、毛先の広がった歯ブラシの使用により起こりやすくなります。
  • 擦過傷
    いわゆる「磨き過ぎ」によってできる傷で、口腔粘膜や歯肉に損傷をつくります。
  • 原因は歯肉退縮と同様ですが、歯ブラシを新しく替えた時や、硬毛の歯ブラシを使用した場合にも
  • 起こりやすくなります。
  • クラフト
  • 歯肉にできた垂直型のV又はU字型をした裂け目のことであり、過度の力を加えた縦磨きと
  • それに伴い停滞するプラーク(歯垢)が原因と考えられます。
  • ただし、咬み合わせの異常によって起こる場合もあります。
  • フェストゥーン
  • 歯肉の縁が浮き輪状に盛り上がった歯肉の形態異常です
  • 。原因はクレフトと同様で、主に誤った方向のブラッシング、力の入れ過ぎによって起こります。
  • 主に犬歯付近に生じます。
  • 正しい使い方を!

    どんなに時間をかけてブラッシングをしても使い方を誤っていては元も子もありません。

  • 歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシを正しく使いましょう。
    歯ブラシをお使いの際、つい力を入れてしまっていませんか?

  • 適当なブラッシング圧は100~200g程度の力です。

  • 新しくおろした歯ブラシの毛先が2~3週間で広がるようでしたら力の入れ過ぎと考えられます。

  • 一度、ご家庭にある調理用の計りで実験してみると良いでしょう。

  • 又、歯ブラシの持ち方をペングリップ(鉛筆のように持つ方法)にしましょう。
    手首を使って軽やかにブラシを動かすと力のコントロールがしやすく

  • より細やかな磨き方ができます。

  • 〒260-0021
    千葉市中央区新宿2-10-2 MF10ビル2F
    043-247-1021
    医療法人社団ともしび会
    MFデンタルクリニック

虫歯があるとなれない職業と虫歯になりやすい職業

2020.10.11   カテゴリ:お口のこと

こんにちは!千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの御代出です。

急に寒くなって来ましたが、皆さん体調は大丈夫ですか?いろんなことがあって、精神的にもお疲れなのではないでしょうか

さぁ気持ちを切り替えて、明るい話をしましょう!

皆さん子どもの頃の将来の夢って何でしたか?今の子どもたちは将来の夢ってなんだろう?

実は、虫歯だとなれないと言われる職業があるのをご存知ですか??

それは宇宙飛行士、パイロット、潜水士など

航空性歯痛(こうくうせいしつう)といって、気圧の関係で痛みが出ることがあるのでお口のケアには注意が必要なんです。

虫歯の主な原因は食事に伴う糖の摂取で、食事を含めた生活習慣が虫歯リスクへと大きく影響を与えています。

虫歯になりやすそうな職業もあります。

例えば一日中デスクワークの方は、手軽に飲み物やおやつを摂取できる環境があり、仕事のストレスから甘い物を摂取がしがちな傾向にあります。

医師や介護士などの勤務時間が不規則な職業の方や、不規則な時間に食事をする職業の方は、缶コーヒーなどの嗜好品の頻度が高いです。

生活や食事のバランスも崩れやすいので、口の中の環境が悪い方が多いようです。

ストレスを受けやすかったり、喫煙して唾液量が減少していたりなど、特徴がある人も虫歯になりやすいため、注意が必要なんです。

仕事中に歯が痛くなったら、もう仕事どころではないですよね(>_<)

皆さんの職業は当てはまりますか?

ぜひ、ご自身の生活習慣を見直してみてください。

千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2F

MFデンタルクリニック

043-247-1021

口呼吸のリスク

2020.10.4   カテゴリ:お口のこと

皆さんこんにちは!

千葉市中央区にあるMFデンタルクリニックの新井です。

 

10月になって暑さも和らぎ、秋風を感じますね‪‪☺︎

変わらずマスク生活が続いていますが、マスクの下では色々な危険性が潜んでいることをご存じですか?

 

マスクをつけていると、鼻呼吸だけでは息苦しく感じ、口呼吸をしやすくなります。

呼気によりマスクの中は蒸れた高温多湿で雑菌にとって絶好の繁殖しやすい環境となります。

本来すべき鼻呼吸では、空気中に漂う雑菌やほこりなどの異物の大部分を鼻の中でフィルターにかけブロックするのに対し、口呼吸では、異物だらけの空気が直接入り込むため、口内も菌が繁殖しやすく無防備な状態となります。

マスクの下はポカンと空いた口になっていませんか?

マスクにより口呼吸が習慣化されると、口臭の原因だけでなく、歯並びや免疫力の低下、お口周りの筋力の低下などのリスクが高くなる為、マスクの下でもなるべく鼻呼吸を意識するようにしましょう!

口呼吸にならない為には

鼻が詰まっていて鼻呼吸ができない場合は、まずは耳鼻科でしっかり治療するのが良いです。 また、一時的に鼻が詰まるという方は、鼻粘膜の血流が悪くなっている事も考えられます。

鼻を暖めることによって血行が促進され、簡単に鼻づまりが解消される事もある様です。 鼻で呼吸してみて、難なく呼吸ができる場合は単にお口周囲の筋肉が緩み、口呼吸が癖になっている可能性が高いです。

意識して鼻で呼吸するように努力したり、テープなどで上下の唇を止め、機械的に上下の唇を閉じ、筋肉を鍛えていくという方法で改善方法もあります。お口周囲の筋肉をつける「あ・い・う・べ」体操なども取り入れやすくオススメです。

今この機会に1度見直してみてはいかがでしょうか?^^

 

〒260-0021

千葉市中央区新宿2-10-2  MF10ビル2F

tel  043-247-1021

医療法人社団ともしび会

MFデンタルクリニック

歯医者さんで毎日使う物!

2020.09.27   カテゴリ:歯科治療

皆さんこんにちは!
MFデンタルクリニックの歯科医師の林 良憲です。

 

ここ最近気温も低くなり、肌寒い日が増えてきましたね。

気温差が大きい日が続くので、体調を崩さないようにしていきましょう。

皆さんは歯の治療をする時に使っている物をご存知ですか?

 

今回は歯医者さんで治療に使う物についてご紹介していきます。

 

①タービン

これは歯医者さんで、よく使用されている物になります。

これで虫歯を削ったりしていきます。

治療を受けている時に、高音でウィーンと音を聞いたことがありませんか?

その音を出しているのがこれです。

タービンは毎分約350000~500000回転しています。

すごい回転量ですよね。

そのため、あのような音が出てくるのです。

 

②コントラ

これは歯の表面を磨いたりする時に使用されます。

また虫歯を削るときに使用されることもあります。

虫歯を削るときに、タービンとは違ったゴゴッとした振動を経験をしたことはありませんか?

それがコントラを使用している時です。

 

③5倍速コントラ

これは主に金属などのかぶせ物を外す時に使用しています。

金属を外す時にバチッ バチッとした音を経験した方もいると思います。

これを使用していることが多いです。

 

④ストレートハンドピース

これはかぶせ物を調整する時に使用されます。

また入れ歯を使用されている方の調整もこれで行います。

 

このように様々な物を使い分けて、日々診療を行っています。

皆さんの治療に使用されている物なので、少しでも興味を持って頂けると幸いです。

 

〒260-0021
千葉県千葉市中央区新宿2-10-2MF10ビル2階
医療法人社団ともしび会
MFデンタルクリニック
043-247-1021

1 2 3 4 5 77

医院情報

アクセス方法


千葉中央駅から徒歩約4分、千葉駅から徒歩約11分

大きな地図はこちらから

診療日時

9:30~13:00 ×
15:00~21:00 × ×

【休診日】水曜・日曜・祝日

お口に関するお悩みを、ぜひご相談ください。

mfdentalclinic2f@yahoo.co.jp

携帯電話でPCメールを受信拒否されている方は、拒否の解除をお願いいたします。

歯科医師募集 歯科衛生士募集 歯科助手募集

料金表

Mogmog Fusso クラブ